logo

音質のさらなる最適化へ 音質イコライザーアプリ「UBiO2.0」 メジャーアップデート

サウンドサイエンス株式会社 2013年09月17日 13時40分
From PR TIMES

イヤホンの型番選択・歌詞表示が可能に!



 iPhone向けの高音質再生アプリ「UBiO(ユビオ)」を開発・販売しているサウンドサイエンス株式会社(本社:徳島県徳島市、社長:角元 純一)は、利用者が拡大するスマートフォンでの音楽再生において、より厳密な音質改善をユーザーへ提供するため「UBiO」をメジャーアップデートした、iOS版「UBiO 2.0」を2013年9月10日より提供開始いたします。「UBiO 2.0」は操作性を考慮したデザインの刷新だけでなく、イヤホンの型番指定により、イヤホンの安価・高価に関わらず、その性能に合わせた音質改善を最大化することが可能となります。
UBiO公式サイト URL: リンク


【UBiO 2.0】
 App Store URL:リンク


今回のメジャーアップデートは、“より多くの人に感動の音質を届ける”というサウンドサイエンスの理念に基づき、これまでの「UBiO 1.0系」で多く寄せられたユーザーからの要望を反映するとともに、音楽をより快適に楽しむプレーヤーとして、アイコンをはじめとするデザイン面を一新しました。
また、“より厳密な音質改善”を追求し、手持ちのイヤホンの型番を指定できる新機能に加え、音質アルゴリズムのブラッシュアップをいたしました。イヤホンの周波数特性を計測し、専用パラメータを実装することで、「高音がきつい」「もう少し低音が欲しい」といったご意見・ご要望にお応えすることができます。


イヤホンごとに異なる特性とUBiO独自の音質調整機能「2D Pad」により、ユーザーの好み・楽曲ジャンルに合う音質を表現することができます。型番についてはUBiO公式サイトで募集し、アップデートにてラインナップを増やしていく予定です。


<UBiO 2.0の新機能>
1. デザイン/アイコン変更
2. 歌詞表示
3. 音質改善アルゴリズムの変更
4. イヤホン型番の選択
5. Facebookでの#nowplaying機能 *iOS6以上対象
6. 再生画面において再生楽曲を含むアルバム内リスト表示
7. Air Play対応


■高音質イコライザー機能搭載した音楽プレーヤー「UBiO」について
1. 音質について
 音質メーカーである弊社独自開発のアルゴリズムにより、低音域・中音域・高音域のバランスを歪みなく増幅することでクリアかつダイナミックな音質を実現いたしました。それぞれの音が独立しているような感覚は音楽の本来の姿をUBiOでは表現しています。
2. 音質調整について
 従来の波形型イコライザーではなく、Pad型で感覚的に操作します。周波数帯域ごとの面倒な調整ではなく、低音・高音・臨場感の3つのポイントで直感的でスピーディに最適な音質に調整が可能です。
3. 再生環境について
 低音・高音に特長がある製品をお使いの場合も歪みのない音質で再生できます。
 UBiOには型番指定ができますので、より最適な音質になります。
4. 対応OS
 iOS5.0以上
5. 対応端末
 iPhone4, 4s, 5
 iPod touch 4th, 5th
 iPad, iPad2, iPad mini
6. ご確認事項
 UBiOはDRM保護されたコンテンツは画面上に表示されますが、グレーアウトデザインとなり再生はできません。
 DRMとは著作権保護のため複製や再生環境に制限を与えるコピーガード技術の1つです。


<本件に関するお問い合わせ先>
サウンドサイエンス株式会社 福岡オフィス 担当:角元
福岡県糸島市王丸583-4
092-322-7909

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。