logo

◎British Gasが1600万スマートメーター設置でLandis+Gyrと契約

Landis+Gyr 2013年09月17日 12時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎British Gasが1600万スマートメーター設置でLandis+Gyrと契約

AsiaNet 54259
共同JBN 1058 (2013.9.17)

【ロンドン2013年9月16日PRN=共同JBN】

 *British Gasの1600万ユニットのスマートメーターの大半はスイスの電力メーター企業Landis+Gyrから供給される。

 *Landis+Gyrはこのため英国における人員を倍増する見込みである。

 *British Gasはメーター設置のため500人のスマートエネルギー専門家を募集する。

British Gasの顧客は、同社とLandis+Gyr間の6億英ポンド取引から恩恵を受けることになる。16日発表されたこの画期的取引は、Landis+GyrがBritish Gas顧客の家庭に設置される1600万ユニットのスマートメーターの大半を供給することを意味する。

スマートメーターは2020年までに、英国政府イニシアチブの一環として、全国の家庭や企業に標準機器として展開される。これらは現在あるガスおよび電気メーターと交換されるが、その恩恵は以下の通り。

 *顧客が利用するガス、電気の容量は、ポンドとペンスで表示される使用料金と合わせて屋内で表示される。

 *年間推定約5%(65ポンド)の節約となる。

 *メーター検針は電力供給者に直接送信され、概算請求のやり方は終了する。

British Gasは家庭や企業にスマートメーターを導入する戦略を採用し、できるだけ早くこのような恩恵をもたらすとともに、現在100万以上のメーターを顧客の家庭や企業に設置済みで業界をリードしている。

同日の発表は、できるだけ早くすべての顧客にこの技術を導入するというBritish Gasの投資の規模とペースを示すものである。

British Gasのマネジング・ディレクター、クリス・ウェストン氏は「スマートメーターはエネルギー利用顧客にとって新時代の到来を告げるものであり、家庭や企業でエネルギーを利用する方法に変化をもたらす。Landis+Gyr製スマートメーター・ソリューションに当社が6億ポンドを投資するのは、顧客に費用対効果のあるスマートメーターを提供し、できるだけ早くこの革新的技術の恩恵をもたらすことができることを意味する」と語った。

同氏はさらに「British Gasは、デジタル時代のエネルギー産業を再形成するとのコミットメントの一環として、スマートメーターの展開で業界をリードしており、これによって顧客が容易にエネルギー利用を理解し、請求書の内容を自分で管理できるようになる」と語った。

Landis+Gyrのアンドレアス・ウムバッハCEOは「われわれは顧客向けスマートメーターを開発するため、過去3年にわたりBritish Gasと協力してきた。これはこの種の取引で世界最大規模であり、提携関係で新しい業界標準を設定する。これによってわれわれは、メーター製造で大きな規模の経済を実現し、英国での業務を拡大し、英国をスマートエネルギーの優れた世界的センターとして地位をさらに固めることができる。これは業界とわたしたちの従業員にとって大きなニュースだ」と語った。

Landis+Gyrは同日発表された取引の結果、総勢600人の英国駐在要員を倍増、製造施設を拡大してBritish Gasの機器展開の需要だけでなく、展開スピードを増すことになる他の英国の顧客の需要に応じる。

British Gasは既に、スマートメーターを設置し、家庭のエネルギー利用に有効な助言を与えるスマートエネルギー専門家、1000人余りを採用すると発表している。同日の発表は、2014年に500人の専門家を募集する道を開くことになる。

(編集者注)
1.Oxford Economicsの計算によると、英国ガス電力市場監督局(Ofgem)による平均的英国家庭での2系統(ガス・電気)燃料利用料、年間平均1310ポンドという数字を取った場合、エネルギー利用で5%削減すると年間65ポンド余り(65.50ポンド)の節約になる。これにはインフレ、エネルギー価格の変動は含まれない。

2. この日の発表は、スマートメーター展開に関する英国政府のインパクト評価で当初推定された価格設定に沿っている。これは、最近英エネルギー・気候変動省(DECC)が発表した中核コミュニケーション基盤の契約受注が政府推計より低コストだったことと関連して、全体的な産業プログラムが予算原価内に収まるとの確信を与える。

3. British Gas とLandis+Gyrは、TrilliantやGEOなどのテクノロジープロバイダーを含めた幅広いパートナーと緊密に協力し、British Gasの顧客のため現在のスマート計測基盤を開発してきた。その開発結果は、英国におけるスマートメーター展開をサポートする仕様と基準を定義するため業界の作業に情報として提供された。関係したパートナーはすべて、業界、DECC、選ばれた新しい業界サービスプロバイダーと協力する。それは当初の展開を通じて得られた経験から、英国におけるスマート計測プログラムの恩恵をすべての関係者に保証するためである。

4. スマートメーターは発展するスマートグリッドの主要部分である。スマートメーターは、住宅所有者に対してオフピーク時間中の低価格設定で利用してもらう電気を提供する利用時間料金表を可能にする。ピーク需要を削減するため、先々新しい発電容量を増やす必要性も減る。スマートメーターはまた、太陽光発電などマイクロ発電の利用と地域社会でそうしたエネルギーを共有することを可能にする。

5. British Gasはスマートメーターの展開で先導するよう選ばれた。そうすることによって、屋内でのスマートメーター供給チェーンを確立し、メーター設置と専用コールセンターを改善することになり、すでにBritish Gasに1500以上の仕事を創設した。British Gasはまた、3万人余りの顧客にインタビューして、スマートメーターの体験が向上し続けることを確かなものにしている。British Gasは、スマートメーター利用顧客の満足度が未設置の顧客より40%も高いことを知っている。

ソース:Landis+Gyr

▽問い合わせ先
British Gas press office:
0800-1077015;
Landis+Gyr press office:
+44-020-7269-7114

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事