logo

◎巨匠2人がNokia Lumia 1020でハーレムを撮った写真を展示

ノキア 2013年09月17日 11時01分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎巨匠2人がNokia Lumia 1020でハーレムを撮った写真を展示

AsiaNet 54249
共同JBN1055 (2013.9.17)


【ロンドン2013年9月15日PRN=共同JBN】
 *世界で最も偉大な写真家2人がユニークなコラボレーションを行い、ニューヨークの有名なコミュニティーのスピリットを撮影

Nokia Lumia 1020を使えば「狙った通り、だ」。世界で最も有名な写真家のデビッド・ベイリー、ブルース・ウェーバー両氏の見解である。2人はユニークなコラボレーションを展開し、4100万画素(41メガピクセル)のNokia Lumia 1020を使ってニューヨークのハーレムのスピリットとソウルを撮影した。

 (Photo: リンク

ノキア(Nokia)は15日までに、ハーレムを撮影した2人の写真60枚近くを公開した。写真を見れば、Nokia Lumia 1020は誰もが他の製品の追随を許さないディテールで、しかも簡単に、その瞬間を撮影できるパーフェクトなカメラであることを実感できる。

見事な写真はNokia Photography Roomで鑑賞できるが、現在イーストロンドンのショーディッチにあるニコールズ&クラーク・ビルディングでも展示されている。ウエーバー、ベイリー両氏が撮影する様子を収めたビデオも展示されている。

ベイリー氏は「ノキアのカメラ(Nokia Lumia 1020)は瞬間を撮影することができる。一番大切なことである」と語った。

ウェーバー氏は「デジタルはやらないが、今回デジタルの世界に飛び込み、その世界に魅了されたのは初めての経験だ。解像力とカラーの美しさに感銘を受けた」と語った。

ロントンでの展示「Weber × Bailey by Nokia Lumia 1020」は9月21日まで行われ、無料で一般公開されている。

Nokia Lumia 1020は4100万画素、Zeissレンズ、最適化された画像安定化機能を搭載し、スマートフォンによる撮影の新たな基準を打ち立てた。これまでプロフェッショナル向けの操作を簡略化し、誰でも簡単に高品質の写真を撮影、編集、共有できるようにズーム機能を改善した。

ノキアのマーク・ニュートン副社長(ノキア・ブランド&マーケティング・クリエーティブ担当)は「ウエーバー、ベイリー両氏が撮影した写真は見事なものである。これらの写真はウエーバー、ベイリー両氏が写真術に精通したことを体現しているだけでなく、スマートフォン撮影の写真の進歩を明確に示すものでもある。Nokia Lumia 1020を使えば誰でも素晴らしい写真を撮ることができる」と語った。

ウエーバーとベイリーは7月にニューヨークの活気に満ちたコミュニティーのハートとソウルを求めてハーレムで24時間過ごした。これまでの生涯を通じて友人である2人がこのようなプロジェクトで一緒に仕事をしたのは初めてである。

▽ノキア(Nokia)について
ノキアはモバイル通信の世界大手企業で、同社製品は世界中の人々の生活に不可欠となっている。毎日、13億人以上の人々が体験を写真に収めて共有し、情報にアクセスし、行き先までの道を探すほか、互いに会話を交わすためだけにもノキアを使っている。ノキアは技術およびデザインのイノベーションによって世界で最も認められたブランドの1つとなっている。詳細はウェブサイトリンクを参照。

このプロジェクトの詳細は以下のウェブサイトを参照。
リンク もしくは
リンク

Facebook(リンク)とTwitter(@Nokia、#NokiaWeberBailey)でもノキアをフォローできる。

ソース:Nokia

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。