logo

◎金融包摂同盟を独立機関化に  貧困層を金融システムに取り込む

金融包摂同盟(AFI) 2013年09月13日 17時45分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎金融包摂同盟を独立機関化に  貧困層を金融システムに取り込む

AsiaNet 54250
共同JBN 1054 (2013.9.13)

【クアラルンプール(マレーシア)2013年9月13日PRN=共同JBN】金融包摂同盟(Alliance for Financial Inclusion、AFI)はマレーシア・クアラルンプールで開催していた第5回年次グローバルポリシー・フォーラムを閉幕したが、AFIネットワークは3日間にわたる、実りの多い会議を経て独立した国際機関になるという決定を定義、確定し、ネットワークのメンバーに対して常設の本拠地になるよう正式に名乗りを上げるように求めた。このフォーラムは今回マレーシア国立銀行(BNM)が共同ホストを務めたが、AFIの108の会員機関が金融包摂の支援、金融の安定、消費者保護といった異なる目標の足並みをそろえることによって開発に対するインパクトを極大化するための政策戦略を議論、検討する場所である。AFIはフォーラムの最終日を飾って新たなマヤ宣言コミットメントを発表し、ササナ合意を公表した。

ビデオ:リンク

2013年のGPFフォーラムには統一テーマ「最適なインパクトのための政策推進」の下、400人以上の上級政策決定者、中央銀行総裁、国際機関のパートナー、民間セクターのリーダーが参加した。開幕式では開発のための包括的金融に関する国連事務総長特別提唱者であるマキシマ・オランダ王妃がスピーチを行い、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長ビル・ゲイツ氏の録画映像が放映された。

ゲイツ氏は「AFIはひとつのブレークスルー革新の先端にいる。それは貧困層を金融システムに受け入れ、彼らの資産の価値を下げるのではなく、上げることだ」として次のように述べた。「わずか4年と少しでAFIはすでにこの分野のリーダーになった。そして今や、次のステップとして独立した、会員が所有する組織になろうとしている。AFIは引き続き大胆な存在として、金融包摂を貧困層の生活を革命的に変化させるための多くの、そして今でも増え続けている革新的手段の一つにするだろう」

最終日の午後のハイライトとしてマヤ宣言コミットメント団体の追加発表があり、AFIのマヤ宣言のもとで金融への受け入れを行う金融機関の数は全体で45に増えた。マヤ宣言コミットメントを行った金融機関は以下の通り:ベラルーシ国立銀行、エルサルバドル中央銀行、エルサルバドル金融監督庁、ハイチ中央銀行、リベリア中央銀行、モロッコ・マグレブ銀行、ネパール中央銀行、パナマ金融監督庁、パプアニューギニア銀行、サモア中央銀行、シエラレオネ中央銀行、トリニダード・トバゴ中央銀行。

AFI会員はまたササナ合意を発表したが、これは、マヤ宣言コミットメントの有効性を強化する狙いがある。ササナ合意によって金融包摂に関する政策決定、戦略は今後、証拠とデータに基づいた結果に焦点を当てることになり、それによって進歩を加速させ、金融包摂政策の効果を明瞭に測定する。

マキシマ王妃は「これは各国が金融包摂の達成や目標の設定に優先順位を与えていることを明瞭に物語るもので歓迎する」と述べた。「私は皆がそれぞれの国で目標や達成値を設定される時には目標を高くもつようお願いしたい。私にとって明白なことは、私たちが全体として切望すべきものはユニバーサル・アクセス以下のものであってはならないということである。すべての国のすべての人、すべてのビジネスにそれを享受するチャンスがあるべきだ」

AFI専務理事のアルフレッド・ハンニック氏は「シンプルな金融でもそれにアクセスできるかどうかで人々の生活には大きな差が生まれる。経済、金融政策に関する中心的な考えの中に金融包摂が入ってきたのはそれが理由だ」として次のように述べた。「ユニバーサル・アクセスは近未来に達成可能なビジョンだ。AFI会員は世界的な変化を起こすための弾みをつけようとしている」

2013年GPFはAFIネットワークにとって過去最大のフォーラムになり、世界から400人以上の代表、パートナーが参集した。次回、2014年9月のAFIグローバルポリシー・フォーラムはトリニダード・トバゴ中央銀行が共同ホストになる。

金融包摂同盟および会員機関はスマートな政策ソリューションの策定および金融包摂の業績にハイライトを当てることに焦点を絞っており、それは開発途上国、新興国の規制機関が同じ立場で協力し、最終的に各国独自の必要性、環境に即した政策を持ち帰ることで始めて可能になる。AFIは専門的な作業部会、地域別会議、さらに年次のグローバルポリシー・フォーラムを通して世界最大で最も包括的な金融包摂政策決定者のネットワークになっている。金融包摂同盟の活動について詳しい情報はウェブサイト(リンク)を参照。


▽問い合わせ先
Peter W. Foster - Peter.Foster@afi-global.org
Katie Sunderland - katie@aura-financial.com
T: +44(0)20-7321-0000

ソース:The Alliance for Financial Inclusion (AFI)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。