logo

ガイアックスの社内SNSを利用した情報リテラシー授業を、羽衣学園高校で開催

~すぐ消す投稿が10代に普及傾向、体験を通じてリテラシーを習得~

学校非公式サイト対策「スクールガーディアン」をのべ3,400校に提供する株式会社ガイアックス(は、高校生がソーシャルメディアの安全な利用方法を学ぶことを目的に、企業向け社内SNS「エアリー」を羽衣学園高等学校の情報モラル教育の授業に提供いたします。なお、SNSを活用した授業は今年9月に実施されます。




学校非公式サイト対策「スクールガーディアン」をのべ3,400校に提供する株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証券コード:3775 、以下ガイアックス)は、高校生がソーシャルメディアの安全な利用方法を学ぶことを目的に、企業向け社内SNS「エアリー」を羽衣学園高等学校(大阪府高石市、校長:馬場英明)の情報モラル教育の授業に提供いたします。なお、SNSを活用した授業は今年9月に実施されます。
このプログラムは、のべ3,330校導入のネットいじめ対策、ネットパトロールに取り組む学校非公式サイト対策「スクールガーディアン」が提供するソーシャルメディアリテラシー講座をもとに企画しています。(※)

※ 昨年に弊社協力のもと、羽衣学園高等学校(大阪府高石市、校長:馬場英明)で、ソーシャルメディアリテラシーを習得するために実施したFacebookを活用したプロジェクト型教育プログラムは、公益社団法人著作権情報センター(東京都新宿区、以下CRIC)が主催する著作権教育実践事例 第8回に入賞し、優良賞を受賞しています。


● 生徒のネットでの情報発信方法が紙での発信や従来と大きく異なる
授業では、実際に社内SNS「エアリー」を使用し、生徒自ら投稿してもらいます。子供の頃からSNSに慣れ親しんでいるいわゆるデジタルネイティブ世代と呼ばれる現代の10代は、それ以前の生徒とは情報発信の仕方がまったく異なっており、実際に授業でSNSを使い、再現することで、彼らに有効な情報モラル教育を行います。
授業を行う羽衣学園では、7月の授業の一環で生徒にSNSへの投稿をしてもらったところ、特徴的な投稿の仕方が明らかになりました。生徒は、紙に文字を書くときのように熟慮してから書くのではなく、投稿しては削除する、という消すことを繰り返しました。インターネット上では、気軽に編集が可能なためできるため、とりあえず書き込んでは消すことを繰り返しているのです。


● 海外では、投稿閲覧後に自動的に投稿が消えるSNSが10代に絶大な人気
「とりあえず投稿し、すぐに削除する」といったSNS特有の傾向は、日本だけではなく海外も同じです。
米国で流行中のスマートフォンアプリ、消える写真共有サービス「Snapchat」は、投稿内容を数秒間見ると、自動的に消える仕組みになっているアプリです。2011年に提供開始され、約2年足らずで米国18歳以上の利用者が800万人を越えており、10代においてはFacebookよりも絶大な支持を得ています。


● 消すことを前提にした投稿のため、不用意な発言が多くトラブルの種に
消すことを前提にした不用意な書き込みの中には、著作権の侵害、個人情報の流出などトラブルに繋がるものもあります。これらの書き込みは、わずかな時間でも世界の人々に閲覧され、コピーを取られた場合は消せない可能性も大いにあるため、生徒は、常に不特定多数の人に見られる可能性があるインターネットの特性を意識した使い方を身につける必要があります。


● 授業でSNSに投稿し、生徒自身が振り返ることで学べる視点
授業では、SNSへ自由に書き込んでコミュニケーションを行いますが、投稿の中には炎上につながるような危険な書き込みがいくつか見つかることがあります。注意すべき投稿について、生徒自身が振り返りを行い、今まで持てなかった視点を身に付けてもらうことがこの授業の狙いです。安全に運用できるクローズドなSNS上で体験を通じて学びます。

なお、この授業は、モバイルコンテンツの健全な発展を促進するための審査・運用監視制度を実施している、一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(略称:EMA)の啓発教育プログラム部会が作成する、ケータイ・インターネットの歩き方5「情報発信の仕方編」の教材にも掲載され、情報モラル教育実施時の手引きとして活用される予定です。


● 契約校の52%が夏休み中の投稿のパトロールを希望
弊社のスクールガーディアン導入校の内、52%が夏休み中の書き込みのパトロールを希望しています。
モニタリングを希望する月は、多い順に入試時期の1月、夏休み後の9月、夏休み中の8月で、夏休み前のネットリテラシー講座の申し込み依頼も多くいただいています。
今後もガイアックスでは、ネットトラブルの防止に取り組んでまいります。


■ 関連URL
学校非公式サイト対策スクールガーディアン リンク
モバイルコンテンツ審査・運用監視機構 リンク
社内SNS「エアリー」 リンク
羽衣学園高校でのソーシャルメディアリテラシー学習が著作権教育実践事例に入賞
リンク


■次回、SNSを活用した授業実施予定日
 2013年9月24日10時50分から11時40分 (取材・見学可能です)


■ 著作権表記
(C) 2013 GaiaX Co.Ltd. All rights reserved.

 
■ 株式会社ガイアックス 概要
設立:1999年3月5日
資本金:1億円
代表執行役社長CEO:上田祐司
従業員数:183名
本社所在地:東京都品川区西五反田1-21-8 KSS五反田ビル8F(総合受付6F)
事業内容:ソーシャルメディア構築・運営・監視とソーシャルアプリサポートなど、ソーシャルメディアとソーシャルアプリに関わるすべての業務を提供


■ 羽衣学園高等学校 概要
設立:1923年
設置者:学校法人羽衣学園
校長:馬場英明
所在地:大阪府高石市東羽衣1丁目11-57

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【お問い合わせ先】
株式会社ガイアックス  オンラインマーケティング部  担当者: 柳澤
TEL:03-5759-0334   FAX:03-5759-0303
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。