logo

デジタル家電をあらゆる機器に、あらゆる場所で、常時接続するFaroudja(R)トランスコーディング技術を発表

STマイクロエレクトロニクス 2013年09月13日 09時40分
From PR TIMES

~テレビ放送事業者のタブレット / モバイル機器 / ノートPC / ネットワーク・テレビ向け新サービスの実現に貢献~

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、ホーム・ゲートウェイ
から、住宅内の各種ネットワーク対応機器へ、あらゆるタイプのコンテンツを
配信可能にする業界初のトランスコーディング技術を発表しました。この新しい
トランスコーディング技術は、システム・オン・チップ(SoC)であるSTiH416
(Orly)、ならびにSTiH407 / STiH410 / STiH412(Monaco)にまず搭載され、
STの全てのホーム・ゲートウェイ向けソリューションの中核技術となります。

トランスコーディングとは、エンコードされたデジタル・ストリームを異なる
形式に変換するプロセスで、「Everything, Everywhere」という考え方に欠かせ
ないものです。このアプローチにより、処理能力やメモリ容量が不足した従来
機器を含め、有線・無線を問わず住宅内にある全てのネットワーク対応機器が、
各種放送・インターネット・サービスにアクセスできるようになります。今まで
のセット・トップ・ボックス(STB)やホーム・ゲートウェイ・システムは、
サポートされるトランスコード・チャネル数が制限されていたか、必要なチャネル
数に応じて専用トランスコーダ機器が別途必要でした。そのため、いずれのケース
においても、プログレッシブ対応ディスプレイをサポートするタブレットやモバイル
機器に視覚的影響を及ぼすデインターレーサなどの動画処理技術に関連した画質の
制約を受けていました。さらに、コンテンツがテレビ放送に限定されていたため、
JPEG、MJPEG、DivX、VP8、VC-1、WMVといった他の重要な形式のユーザ生成コン
テンツをストリーミングすることができませんでした。

STは、業界唯一のFaroudja(R)トランスコーディング技術により、こうした制約
を解決しました。ホーム・ゲートウェイ機器において、デインターレーサと
ポスト処理を上手く組み合わせたFaroudja技術を活用することで、IP接続機器で
コンテンツを非常に高画質で表示させることができます。同技術は、STのチップ
セットに実装され、オープン規格であるGStreamerに基づいてSTが開発した
新しいソフトウェアによりサポートされます。この革新的ソリューションにより、
多くの受信データ形式のH.264へのリアルタイム変換が可能になります。そのため、
ユーザは、タブレット、モバイル機器、ノートPC、ネットワーク接続型TVなど、
住宅内のあらゆるネットワーク対応機器で、テレビ、Web閲覧、ゲームといった
サービスを楽しむことができます。

画像トランスコーディングは、モバイル機器において、写真の高速スライド・
ショーや、ストレージ利用の最適化を可能にします。また、高速トランス
コーディングにより、かつてないスピードでコンテンツのサイド・ローディング
が可能となり、ユーザはコンテンツをモバイル機器にダウンロードして、外出先
でタブレットなどのモバイル機器からそのコンテンツにアクセスすることができ
ます。

STのユニファイド・プラットフォーム事業部 システム・アーキテクチャ担当
ディレクターであるAndrew Coflerは、次の様にコメントしています。「STの
画像トランスコーディング技術は、住宅内での最高の接続を実現します。ユーザ
はさまざまな形式の多種多様なコンテンツに、タブレットからテレビまで、
あらゆる機器上でアクセスすることができます。STは、クラス最高の
セキュリティ、低消費電力、業界をリードする性能を実現する先進的なトランス
コード・エンジンにより、急成長中のホーム・サーバおよびホーム・ゲート
ウェイ分野のレベルアップに貢献します。」

新しいトランスコーディング技術は、STiH416(Orly)には既に適用され、
STiH407 / STiH410 / STiH412(Monaco)でも完全にサポートされます。各製品
は、ARM(R) Cortex(TM) MPCore(TM) アプリケーション・プロセッサ上の
GStreamerインタフェースによるトランスコーディング・チャネルを最大
4チャネルまで搭載しています。同技術により、チャネル数が増加すると共に、
HEVC(High Efficiency Video Coding)などの動画形式もサポートされます。

STは、このトランスコーディング技術をアムステルダムで開催されるIBC
(2013年9月13日~17日)で紹介する予定です。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プ
ロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供
する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・
セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、
家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆる
シーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた
技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2012年の売上
は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTの
ウェブサイト( リンク )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
デジタル製品グループ
TEL: 03-5783-8340 FAX: 03-5783-8216

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事