logo

つま先・かかとが上がりやすい歩行サポート靴下 『くつしタビ』・『足袋先案内(たびさきあんない)』発売

株式会社ワコール 2013年09月11日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年9月11日

株式会社ワコール

つま先・かかとが上がりやすい歩行サポート靴下 『くつしタビ』・『足袋先案内(たびさきあんない)』発売

株式会社ワコールは、歩行時のつま先とかかとの動きをサポートする靴下を、シニア向けブランド「グラッピー」と「らくラクパートナー」から発売しました。
この商品は、加齢に伴って起こる足首を動かす筋力の低下によって、歩行時に“前に出したつま先が上がりにくくなる”“後ろ足の蹴り上げが充分にできない”といった方に向け、ワコール人間科学研究所が開発した靴下です。
親指の付け根からかかとにかけて足の甲を斜めに渡る「シーソーライン」(特許出願中)が、足首の動きをサポートすることによって、つま先とかかとが上がりやすい歩行へと導き、軽い足取りと窮屈感の少ない快適なはき心地を実現しています。
この「シーソーライン」を施した靴下は、「グラッピー」からは『くつしタビ』の名称で2013年7月から、「らくラクパートナー」からは『足袋先案内(たびさきあんない)』の名称で9月から販売し、特に秋の旅行・行楽シーズンに売り上げ拡大を目指します。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。