logo

◎世界のホテル料金が2006年レベルにまで回復 Hotels.com Hotel Price Index最新版発表

Hotels.com 2013年09月10日 13時42分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎世界のホテル料金が2006年レベルにまで回復 Hotels.com Hotel Price Index最新版発表

AsiaNet 54203

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

報道関係各位
2013年9月10日

世界のホテル料金が2006年レベルにまで回復
Hotels.com Hotel Price Index最新版発表:
2013年上半期は前年比2%上昇。経済危機前のレベルにまで回復

ホテルズドットコム ジャパン

オンラインホテル予約サイト世界最大手のHotels.com(R)(リンク、本社:アメリカ合衆国テキサス州、代表取締役社長:デイビット ロシェ)は、最新版の Hotel Price Index(TM)(HPI(R))(以下、HPI)を通じて2013年上半期に世界中で旅行者が支払ったホテルの平均宿泊料金が前年同期と比べて2%上昇したと発表しました。2010年から続くなだらかな上昇は、世界的な経済危機が始まる前の2006年レベルまで回復しています。

(Logo: リンク )


HPIでは2004年を100とし、世界中で旅行者が実際に支払った1泊1部屋あたりの料金を対象にしています。 2013年上半期のHPIは111となり、ピークであった2007年上半期より8ポイント低いものの2004年の開始時からは11ポイントも上昇しています。

中南米地域では2年以上にもわたり堅調なパフォーマンスを見せ、2013年上半期のホテル宿泊料金は7%の上昇でした。北米・カリブ海地域でのホテルの宿泊料金は、強まりつつあるアメリカ経済に助けられ、世界平均を上回りそれぞれ3%と5%の伸び率となりました。

太平洋地域では、オーストラリアの鉱物資源産業の低迷により特に西オーストラリアからのビジネス客の減少が見られ、2013年上半期のホテル宿泊価格の成長は1%の上昇に留まりました。ヨーロッパ・中東地域のホテルの宿泊料金は、ユーロ圏が正式に景気後退を抜け出したものの、回復スピードは緩やかなものとなり、伸び率は1%と世界平均を下回り小幅な上昇となりました。

Hotels.com代表取締役社長のデイビット ロシェは、「ヨーロッパのホテル価格は2008年から2009年にかけての経済低迷で最も影響を受けたと言えるでしょう。2013年上半期はユーロ圏のホテル価格が上昇を記録したことから、経済危機は和らいでいるのは明らかであるが、まだ完全に過ぎ去ったわけではありません。今回の危機で最悪の状態を経験した観光地の多くではホテル価格の横ばいが続き、上昇に転じたところもあります。」と述べています。

アジア地域では、2013年上半期のホテル宿泊料金が2%減となり、世界のどの地域も上昇する中、唯一下落した地域となりました。それぞれの都市では好調な稼働であったにもかかわらず、日本円やインドルピーといった通貨の下落と中国への旅行者数の減少が重なり今回の結果につながりました。しかしながら、海外に出かける中国人旅行者はまだ自国の景気減速に影響を受けることなく、その勢いは増すばかりです。

ロシェは加えて、「世界のホテル価格に影響を与えるその他の現象としては、海外に出かける中国人旅行者の急速かつ大幅な増加が挙げられます。中国観光研究院の2013年報告書によると、海外旅行件数は8,300万と推定され、海外観光客を送り出す世界最大の市場になりました。また、国連世界観光機関によると、2012年に中国人旅行者が海外で使った費用が前年比40%増の1,020億米ドルに達し、海外旅行大国のドイツや米国を上回りました。海外観光は海外旅行が可能な所得を有する者、特に若い旅行者にとって憧れであることに変わりません。」と語っています。

リンク

■Hotels.comについて
Hotels.com (リンク) は、国際的ホテルチェーンからオールインクルーシブリゾートB&Bまで、世界の約220,000軒の施設予約と情報提供を行う世界最大手のオンライン宿泊予約サイトです。業界最多の宿泊施設を提供するサイトのひとつでもあり、顧客へのベストプライスの提示セール、お得情報やプロモーションの提供を行っています。そして、ニュースレターによる割引特典や事前セール情報などの最新情報も提供しています。また実際に宿泊されたお客様によるユーザーレビュー700万件の情報を参考に予約の検討ができます。また、10泊すると1泊無料となる特典プログラム「Welcome Rewards」は世界85,000軒以上から選ぶことができます。価格保証プログラムを採用しており、別サイトでより安い料金が提示されている場合、その差額を払い戻します。また日本語版サイト、または日本語によるカスタマーサービスセンターを通じてホテルを予約も可能です。モバイルおよびタブレット用アプリはリンク よりダウンロードでき、外出先からも20,000軒の直前割引情報を確認することができます。受賞歴もある世界の主要都市にあるホテル宿泊料金の調査「Hotels.com Hotel Price Index」は一年に2度発行され、今年で10年目を迎え、現在31ヶ国版で提供しています。
Hotels.com Japanの公式アカウント一覧:
-Facebook: リンク
-Twitter: リンク
-YouTube: リンク
Hotels.comはオンライン旅行会社の世界最大手Expedia Inc. (NASDAQ:EXPE)の子会社です。

■本件に関する報道関係の方からのお問合せ先:
・ホテルズドットコム広報事務局(共同PR内)八代隆行、國時真紀
Email: hotelsteampr@kyodo-pr.co.jp、 TEL: 03-3571-5326、 FAX: 03-3574-0316
・Zoe Chan、ホテルズドットコム アジア・パシフィック シニア PR マネージャー
Email: zchan@expedia.com、  TEL: +852 3607 5719

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事