logo

ZW3D 2013 SPをリリース―驚異のモデリング性能、高効率のデータ変換

ZWSOFT 2013年09月10日 09時00分
From JCN Newswire

Tokyo, Sept 10, 2013 - ( JCN Newswire ) - 建築系と機械系における世界的CAD/CAMソリューションサプライヤーであるZWSOFTは、本日ZW3Dの最新バージョンZW3D 2013 SPをリリースします。ZW3D 2013 SPでは、新たに64ビットバージョンが加わりました。今回のリリースでは、200点以上の改善があり、3Dモデリングと2D図面の機能が大幅に向上しました。設計者の業務は円滑になり、他のCADプラットフォームとのコミュニケーションもよりスムーズになりました。

● 機能最適化により3Dモデリング性能がさらに向上

ZW3Dベースのラップ機能は、3D形状の表面に任意形状を巻きつけることをサポートしています。ZW3D 2013 SPでは、ラップ機能の使い勝手が向上し、曲線や、形状および2Dデザイン等、あらゆるジオメトリをラップできるようになりました。また少ないマウスクリックの操作で処理できるため、デザイン時間を大幅短縮できます。その他、リバースエンジニアリング(点群からサーフェス)機能も改善され、操作がより簡単になり、性能も大幅に向上しました。100万以上の点群をサーフェスに変換する処理も手軽に実行できるようになりました。

● 2D図面の強化

ZW3D 2013 SPの2D図面機能は、様々な改善により、3次元モデリングから2次元図面の作成がさらに便利になりました。データ交換の品質向上および投影方法の改善は、2D図面作成を正確かつ効率的に実行できるようにします。

● ZW3D 2013 SPのハイライト

- 32ビットと64ビットバージョンを提供します。
- アップグレードされたトランスレータによりシームレスなデータ交換を確保します。
- 改善されたモデリング機能と2D図面機能により設計効率を高めることができます。

「ZW3D 2012 SP2のユーザとして、新しいバージョンのZW3D 2013 SPはデータの交換性が飛躍的に向上したと感じています。CATIA V5のファイルを64ビットのZW3D 2013 SP Betaでインポートしてみると、フェースやジオメトリなどの欠落なくインポートされ、作業時間が以前より約70%短縮しました。」とSketch Evolution株式会社のBebbinton氏は言います。

ZW3D公式サイト: リンク

ZW3D CAD/CAMについて

ZW3Dは、使いやすい単一のコラボレーション環境で、エンジニアにデザインコンセプトから完成品まで導く、3Dモデリング、金型設計、機械加工のための、費用対効果の高いCAD/CAM ソフトウェアです。

お問い合わせ先:

ZW3D日本国内販売元
株式会社 実践マシンウェア
所在地: 〒102-0074 東京都千代田区九段南2-3-21 みづまんビル8F
TEL: 03-5215-6801
メール: toiawase@zissen-mw.jp

概要:ZWSOFT

URL: www.zwsoft.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事