logo

Arbor Networks、セキュリティ分析ソリューションを提供する Packetloopを買収

企業およびサービス・プロバイダ向けに、ネットワーク・セキュリティおよびマネージメント・ソリューションを提供するArbor Networks, Inc.(本社: マサチューセッツ州バーリントン、社長: コリン・ドハーティ、以下「Arbor Networks」)は本日、セキュリティ分析における革新的ソリューションを提供する株式非公開企業Packetloop社を買収したことを発表しました。当社は今後、オーストラリア・シドニーを拠点とするPacketloopに投資し、オペレーションを拡大していく予定です。なお、買収契約の条件は公表されていません。

Packetloopのソリューションは、パケットキャプチャやビッグデータ分析、セキュリティ・フォレンジック、可視化を組み合わせることによってリアルタイムでネットワーク全体の状況を把握し、マルウェアや標的型攻撃、あるいは攻撃者の特定に対して威力を発揮します。PacketloopはArbor Networksが提供するNetFlowの可視化や異常検知、アプリケーション・インテリジェンスやID追跡などの機能を補完します。Arbor Networksでは今年中に、Packetloopの技術を同社のエンタープライズ向けソリューション・プラットフォームに統合し、ネットワーク可視化、脅威検知とミティゲーション、インシデント対応、フォレンジック機能など幅広い機能を一体化した次世代の脅威監視およびミティゲーションプラットフォームの基盤を構築していく計画です。

Packetloopのソリューションの概要
現在、Packetloopはクラウド・プラットフォームとして、いつでも誰でも使用が可能なソリューションを提供しています。クラウドを最大限に活用し、ユーザーは自らキャプチャしたパケットをアップロードして分析できるため、従来のアプローチとは全く異なる方法でセキュリティ分析を簡単に行うことのできるソリューションとなっています。また、Packetloopはあらかじめパッケージ化された仮想マシンとハードウェア・アプライアンスで構成するオンプレミス型のリアルタイム・ネットワークソリューションも開発しており、このオンプレミス型ソリューションをクラウドに接続することによって、クラウドソリューションの過去データのフォレンジック機能を補完するためのリアルタイム処理を行います。Arbor Networksではこのオンプレミス型ソリューションを同社のエンタープライズ向けソリューション・プラットフォームに統合する予定です。

リアルタイムでの高度な脅威検知
・ リアルタイムでのパケットキャプチャと履歴分析を通じてプロファイリングやモニタリングを行うことで、最新の脅威を見出すことが可能
・ データの不正転送の試みだけでなく、ネットワークで実際に進行中の悪意ある行為や異常な動作を特定
・ Packetloop のソリューションだけであらゆるネットワークに対応可能。オンプレミスの企業ネットワークからクラウド導入環境、さらにその両方の組み合わせまで、あらゆるネットワークインフラにおける攻撃を検知

脅威分析(インシデント報告とフォレンジクス)
・ テラバイト規模のデータまで対応可能。大規模なArbor Networksの顧客企業に理想的なソリューション 
・ 細部に渡るトラフィック分析と可視化を提供し、ユーザーはネットワークデータの再生、一時停止、巻き戻しを行い、攻撃や攻撃者をさまざまな角度から視認することが可能
・ セキュリティやネットワークの担当者は、このソリューションによってインシデント対応やフォレンジック分析を行うことが可能

Arbor Networks 社長、コリン・ドハーティ(Colin Doherty)は次のように述べています。
「Packetloopの技術と人材が加わり、Arbor Networksは大きな戦力を得ることになります。Packetloopによって、セキュリティ分析を最新の脅威に対応していく上での極めて大きなインサイトや知識がもたらされます。Packetloopの開発したソリューションは、企業が必要とする有意義な方法で素早くデータにコンテキストをもたらす、まさしく強力で革新的なソリューションと言えます」

Packetloopの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)、スコット・クレーン(Scott Crane)は次のように述べています。
「セキュリティにとって重要な検知や最終目標とする攻撃対策も、すべては優れた可視性を確保するところから始まるというPacketloopの信念はArbor Networksも共有するものです。また、当社はコンテキストなしではデータは無意味であることも確信しています。Arbor Networksはすでにしっかりとした体制の整った、実績ある企業でありながら、イノベーターとして既成概念を覆そうとする創業の精神を持ち続け、常に新たな高みを目指しています。優れた社員と技術を有するこのような環境は、Packetloopにとって理想的な組み合わせだと考えます」

今回の買収について、米調査会社IDCのセキュリティ製品担当リサーチ・マネージャー、ジョン・グレーディ(John Grady)氏は次のように述べています。
「Arbor NetworksはDDoS 攻撃の検知や対応策の枠を超え、ネットワークの幅広いセキュリティや分析のためのプラットフォームを構築しようとしています。Packetloopのようなビッグデータ分析やセキュリティ分析、フォレンジック・プラットフォームが加わることは、さらに幅広い分野で高度な脅威対策市場に進出しようとするArbor Networksにとって大きな意味があります」

関連リンク
・ Packetloop共同設立者、スコット・クレーン(Scott Crane)のブログ(英語): リンク
・ Arbor Networks エンジニアリング担当VP、クリス・ラム(Kris Lamb)のブログ(英語):リンク
・ Packetloop のWebサイト(英語): リンク
・ Packetloopのツール: 全ての機能にアクセス可能な無償トライアル(英語):リンク

*本資料は、2013年9月3日に米国で発表されたプレスリリースを翻訳したものです。

Arbor Networks について
Arbor Networks は、企業およびサービス・プロバイダ・ネットワーク向けに、ネットワーク・セキュリティおよびマネージメント・ソリューションを提供するリーディング・プロバイダです。顧客には、世界の主要インターネット・サービス・プロバイダおよび大手企業ネットワークを有しています。Arbor Networks の定評あるネットワーク・セキュリティおよびマネージメント・ソリューションは、お客様のネットワーク、業務、およびブランドを確実に保護します。また、世界のサービス・プロバイダやネットワーク・オペレータとの緊密な協力関係を通じて実現されたATLAS® Active Threat Level Analysis Systemを介し、Arbor Networks はインターネットのセキュリティおよびトラフィック動向に対する深い洞察力と展望を提供します。全世界で270社を超えるネットワーク・オペレータとの類例のない協力関係から実現されたATLASでは、セキュリティ、トラフィック、ルーティングに関するリアルタイムの情報を共有し、業務におけるあらゆる意思決定に寄与することで皆様のビジネスに貢献します。

最新のセキュリティ脅威およびインターネット・トラフィックのトレンドの技術的な洞察については、下記ウェブサイトおよびブログをご覧ください。
ウェブサイト:リンク
ブログ:リンク (英語)

Arbor Networks、Peakflow、ArbOS、How Networks Grow、ATLAS、Pravail、Arbor Optima、Cloud Signaling、Arbor Networksのロゴ、「Arbor Networks: Smart. Available. Secure.」はArbor Networks, Inc.の商標です。その他のすべてのブランド名は各所有者の商標です。


本件に関するお客様からのお問い合わせ
アーバーネットワークス株式会社
TEL: 03-3525-8040
Email: japan@arbor.net

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ
テキスト・ワンハンドレッド・ジャパン株式会社  山本
TEL: 03-5210-1981
Email: TOKYOArborPressOffice@text100.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。