logo

Fotolia TEN シーズン2、Serial Cut(TM)スタジオで知られる デジタルアーティスト Sergio Del Puerto の作品を無料公開

Fotolia/フォトリア株式会社 2013年09月06日 19時17分
From PR TIMES

作品「偽りの棚/Faux tiroirs」、9月10日午前10時から24時間限定無料 www.tenbyfotolia.com からPSDファイルダウンロード可能

低価格型のストックフォトサイトを運営するFotolia(本社: 米国ニューヨーク、代表取締役: オレグ・テチェルゾフ)は、今年一年に渡って実施中のプロジェクト「TENコレクション」にて、自ら設立したスタジオ Serial Cut(TM) の名前で知られるスペイン出身の Sergio del Puerto を、8人目のアーティストとして今月特集します。彼の未発表作「偽りの棚/Faux tiroirs」のPSDファイルは、9月10日(火)の公開時から24時間限定で、www.tenbyfotolia.com から無料で入手できます(その後は500円で販売)。



現代版「驚異の部屋」

TENの作品制作にあたり、作者の目的は第一印象を「すごい」と思わせることでした。「クリエイティブであるということは、見た目もコンセプトも人を驚かせる必要があります。そしてそれだけではなく、力強く個性的でなければなりません。」


まず観衆の気を引いたあと、Serial Cut(TM) はより深く、細部の描写にこだわった世界へと案内してくれます。「これは、デジタルなのか本物なのかなど、作品の細部を人々がじっくり見入っている時間が好きです。」

「偽りの棚/Faux tiroirs」にもこれが顕著に表れています。ルネッサンス期の「驚異の部屋」に影響を受けたSerial Cut(TM) の作品には多くのディテールが散りばめられています。古いものと新しいものを混ぜ、人体の歯や腕、日用品、実験用具、チューブなど、奇妙で摩訶不思議で風変わりで入り乱れた、作者の頭のなかの迷路へとご招待します。
この奇妙な実験室には、Photoshopでのフォトモンタージュから、Cinema 4Dで作成した3D素材まで様々なテクニックが使われています。Fotoliaから選んだ写真素材は、光源や色彩など異なっています。それらを編集して3D素材に馴染ませるのが難しい作業だったと語ります。「個々の写真の違いを考慮に入れた上で、影や、光の反射などを修正し、現実味のある作品に仕上げました。」


シュールリアリズム、ポップカルチャー、高級感、3つの交錯
自分の作品を、皮肉的だとSergio del Puertoは表現します。彼の自然体の振る舞いが、芸術的で自由な発想を生み出し、興味が持てないプロジェクトは断ってしまうこともあります。「素晴らしいデザイナーとは、自分の度量を知っていて、それを作品に活かすことができる人だと思います。そして、自分独自の見方や表現方法を持つということが、とても難しいけれど重要なのです。」
自分を「イメージ・メーカー」と定義する作者は、独学で学び、ルネ・マグリットなどの現代美術から古典美術、建築、デザイン、映画「モンティ・パイソン」や子供の頃の思い出など、様々なものから影響を受けてきました。「自分は、フィギュアを戦わせる遊びなどの面白さがわからない子供でした。物を並べて撮影して遊んでいました。今でも、ライフスタイルのシーンを作って、写真に残すことをしています。」


アーティストについて
12カ国語の字幕付きの2本のビデオがスペインで撮影されました。ライフスタイル編では、アーティストの日常生活、ビジョンを紹介し、TENのFacebookページで、9月6日に公開されます。2本目のビデオでは、制作にあたって用いたテクニックをアーティストが解説し、PSDファイルの公開と同じ9月10日に リンク で公開されます。
予告編ビデオ:リンク

ライフスタイルビデオ:リンク

プレスキットをダウンロード:リンク
高解像度ファイル、Sergio del Puertoの写真とインタビューを含むプレスキットをダウンロード:リンク
アーティストのポートフォリオ:リンク


TENについて:
TENは、2011年にFotoliaが開始したクリエイティブで教育的なプロジェクトで、デジタルアートの普及を目的としています。TENは、10人のアーティスト、10カ国、10ヶ月、10個のPSDファイルを意味します。この前例のない試みによって、ウェブユーザーは世界の著名なデジタルアーティストによって制作されたPSDファイルを、公開後24時間限定で無料ダウンロードでき、制作のコツや文化的影響を知ることができます。ユーザーはPSD内の何層ものレイヤーや、グラフィック要素、スタイル効果などにアクセスでき、自分の作品に応用できるのです。日本からは、TENアーティストとしてマルミヤンが参加、特集された2013年4月の無料ダウンロード数は、2013年前半で最高の34,000回以上を記録し国内外から高く評価されました。
このプロジェクトは、Fotoliaと有名なグラフィックコミュニティであるWisibilityとAmkashopとの協力で誕生しました。TENはまた、Adobe、Wacom、Behanceといったグローバルパートナーの他に、月刊MdN、株式会社グラフィック、EIZO株式会社、Web Designing、テンプレートモンスター ジャパンといったクリエイティブを支援する国内パートナーにサポートされています。
詳細はこちら:リンク


Fotoliaについて:
Fotoliaは、その適正価格、ロイヤリティフリー(追加の著作権使用料免除)、高品質写真、イラスト及び、HDビデオ(HD Video)などの世界最大級のコレクションにより、400万人におよぶ登録者に選ばれ世界中で利用されています。また、インフィニットコレクションの発表により、専門性の高い画像、及びクラウドソースからの画像を同一サイト上で提供する世界で最初のマイクロストックエージェンシーとなりました。Fotoliaは、2004年米国ニューヨーク市にて設立され、現在では、14か国語に対応した23の国と地域のウェブサイトにより、世界中に普及しつつあります。2,300万点を超えるFotoliaの作品選択は、次のサイトから可能です。: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事