logo

スマートフォン向けオーディオブックアプリ『kikel.jp』でフジテレビ人気女子アナの朗読を録りおろした、夏目漱石の「夢十夜」を配信!

(株)エムティーアイが運営する、プロの読み手が様々な書籍を朗読するスマートフォン向けオーディオブックアプリ『kikel.jp』は、9月6日(金)よりフジテレビの人気アナウンサー4名が朗読したオリジナル作品、夏目漱石の小説「夢十夜」を配信します。
『kikel.jp』は小説・絵本・落語など、幅広い世代が興味を持つ作品を、目で読むのではなく耳で聴いて楽しめる、国内唯一の定額聴き放題のオーディオブック配信サービスです。
全作品、読み手にはアナウンサーや有名声優など、声に定評があるプロを起用していますが、今回初めて、西山喜久恵さんをはじめとする、フジテレビの女性アナウンサーが、『kikel.jp』のために「夢十夜」を朗読しました。
彼女達ならではの質の高い朗読で、物語の幻想的な世界を楽しめます。



◆初のフジテレビアナウンサーによる、オリジナル録りおろし作品!
『kikel.jp』では、これまでもフジテレビアナウンサーが朗読する作品を配信してきましたが、今回の「夢十夜」は、初めて『kikel.jp』のためだけに朗読してくれた、ここでしか聴けないオリジナル作品です。
朗読を担当したのは、西山喜久恵さん・石本沙織さん・梅津弥英子さん・川野良子さんの実力派アナウンサー4 名です。
プロならではの滑らかで正確な語りはもちろん、豊かな表現力も相まって、自然と物語の中に引き込まれ、「夢十夜」の世界を堪能できます。

◆夏目漱石の幻想的な世界を、人気女子アナの朗読で再現!


夏目漱石の小説「夢十夜」は、「第一夜」から「第十夜」までの10話からなる、夢の世界を綴った短編作品で、「こんな夢を見た」という書き出しで始まる幻想的な物語です。
4名のアナウンサーの巧みな話術で、「夢十夜」を読んだことがない人はもちろん、読んだこ とがある人にも、目で読む物語とはひと味違った「耳で読む」名作が楽しめます。

・西山喜久恵さん: 「第一夜」「第六夜」「第十夜」
・石本沙織さん: 「第二夜」「第五夜」
・梅津弥英子さん: 「第三夜」「第八夜」
・川野良子さん: 「第四夜」「第七夜」「第九夜」

『kikel.jp』では、今後も読み手にこだわった高品質の朗読作品を提供し、「耳で読む新しい読書のカタチ」を提案していきます。


サイト名 : kikel.jp
課金額(税込): iOS:月額250円  Android、Windows8:月額315円
サイト概要 : 有名アナウンサーや声優など、プロの読み手が本を朗読してくれるオーディオブックサービス。
小説・絵本・落語など、幅広い世代が楽しめる作品を、文字を目で読まずに、耳で聴いて楽しめます。
定額ですべての作品が聴き放題です。


アクセス方法 :【Android】スマートフォン・タブレットから「kikel.jp」で検索【iOS】AppStoreで「kikel.jp」で検索 【Windows8】ストアアプリで「kikel.jp」で検索 または、リンク にアクセス

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事