logo

◎ネオンライト社が2回目のサステイナビリティー・リポートを公表

Neonlite Electronic & Lighting (HK) Limited 2013年09月05日 10時16分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ネオンライト社が2回目のサステイナビリティー・リポートを公表

AsiaNet 54086
共同JBN 0983 (2013.9.5)

【香港2013年9月5日PRN=共同JBN】省エネランプの有名ブランドMEGAMAN(メガマン、登録商標、リンク)を所有するNeonlite Electronic & Lighting (HK) Limited(ネオンライト・エレクトロニック・アンド・ライティング(HK)リミテッド、以下ネオンライト)は5日、2回目となるサステイナビリティー・リポートを公表した。

最新リポートはサステイナビリティーを全社的ビジネス活動の中心に据える期間中に同社が達成した進展について特筆し、ビジネスモデルの中心にするサステイナビリティーに関するグローバルな課題を解決する同社の企画概要を説明している。

サステイナビリティーと環境に対するネオンライトのコミットメントは長年にわたり、同社事業の焦点の不可分の一部となってきた。この最新リポートは、ネオンライトの経済、環境、社会活動にサステイナビリティー原則を組み込むことで、いくつかの業務改善と成功をどのように生み出してきたかを示している。そのような改善と成功例は以下を含む。

 *サステイナビリティー政策の確立は、ネオンライト全体でのサステイナビリティーの共通フレームワークとして、効果的に周知徹底されてきた。2011年に設立された委員会は、すべての企業サステイナビリティー活動に対する管理プラットフォームを提供し、長期的計画と戦略への投資を行った。

 *2012年12月までに、490余りの特許および意匠登録がネオンライトの発明と製品設計に与えられた。同社は2011年と2012年だけで、90余りの特許と意匠登録が与えられた。

 *LEDランプ効率における技術的成果によって、95 lm/W(発光効率でワット当たりのルーメン)を実現したコンセプトLEDランプ、125 lm/WのLEDモジュールの製造が実現した。

 *労働災害件数がリポート対象期間の2年間で44%減少した。

 *ネオンライト香港オフィスは、国際環境NGOの地球の友(Friends of the Earth)主催のエネルギー利用節減コンテスト「Power Smart 2012」でチャンピオンに指名された。

 *教育、チャリティー、コミュニティーを支援する企業献金は510万米ドル余りに達した。

ネオンライトのフー・オンファー(Foo Onn Fah)会長は「われわれはLED照明における当社の革新的なグリーンテクノロジーを誇りに思う、これによって当社は極めて厳しい競争市場で差別化されるとともに、新しい国際的な全オーディエンスに対してMEGAMAN(登録商標)ブランドのプロファイルを高めている。サステイナビリティーはわれわれの事業の在り方の中心に位置し続ける」と語った。

リー・ウィンタク(Lee Wing Tak)最高経営責任者(CEO)は「このリポートは、事業全体にサステイナビリティーを組み込んできた当社の成果を認めている。われわれはネオンライトにあって、完全性(integrity)と株主に利益を尊重することで事業を行うことにコミットしている」と語った。

ネオンライトのサステイナビリティー・リポート2011-2012は、国連環境計画(UNEP)の公認団体で国際的なサステイナビリティー・リポーティングのガイドライン作りを使命とする非営利団体であるGRI(Global Reporting Initiative)のG3.1ガイドラインに準拠している。リポートはwww.megaman.cc/sustainability-reportで閲覧、ダウンロードできる。ネオンライトは皆さんからのコメントを尊重し、オンラインによるフィードバック形式での意見を聴取したい。

▽ネオンライトについて
Neonlite Electronic & Lighting (HK) LimitedはMEGAMAN(登録商標)ブランドの所有者であり、環境に優しく省エネのLEDおよびCFL照明機器の設計・開発・流通を行うグローバルリーダーである。同社は最先端の自社製造工場、広域にわたるコンセプトストアのネットワークを保有し、世界90カ国以上に及ぶMEGAMAN(登録商標)製品を広く流通させている。

ネオンライトとMEGAMAN(登録商標)に関するさらに詳しい情報はwww.megaman.ccを参照。

ソース:Neonlite Electronic & Lighting (HK) Limited

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事