logo

『SDガンダム カプセルファイター オンライン』 9/4(水)Webガシャポンに新機体を導入! 特賞ユニットが3機同時にもらえるキャンペーンも実施!

このたび私共 CJインターネットジャパン株式会社は、バンダイコリア株式会社が版権元より商品化許諾を受け企画・開発し、CJインターネットジャパン株式会社が運営するPCオンラインゲーム『SDガンダム カプセルファイター オンライン』(以下、『SDGO』)におきまして、本日9月4日(水)、Webガシャポンに新機体を導入することをお知らせいたします。また、同じ特賞ユニット(※)を3機同時に入手できる「特賞ユニット+2キャンペーン」を実施いたしますことも、併せてお知らせいたします。





今回のWebガシャポン更新におきましては、相手を自動追尾するフィン・ファンネルや、自機の周囲にバリア展開できるなど、攻防ともにすぐれた性能を誇るSRランク機体「Hi-νガンダム」(『CCA-MSV』)をはじめ、豊富な種類の射撃武器が魅力の「ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)」(『機動戦士ガンダム00』)など、計5機のユニット(※)が登場いたします。

また、「特賞ユニット+2キャンペーン」におきましては、9月4日(水)に公開するWebガシャポンにて特賞ユニットご獲得の際、同じユニットを3機同時に入手できる内容となっております。

今回の新機体導入やキャンペーン実施によって、ユーザーのみなさまにはいっそうゲームをお楽しみいただけることと存じます。『SDGO』では今後も定期的にコンテンツの拡充を図ってまいりますので、どうぞご期待ください。

※……ユニットとは『SDGO』ゲーム内にてプレイヤーが操作するMSを指します。


【『SDガンダム カプセルファイター オンライン』公式メンバーサイト】
リンク
【『SDガンダム カプセルファイター オンライン』公式SNSサイト】
リンク
【「特賞ユニット+2キャンペーン」の情報はこちら】
リンク


■ 2013年9月4日(木)に追加されるユニットのご紹介 ■


SRランク:Hi-νガンダム
『CCA-MSV』に登場したモビルスーツ。武装変更前の武器3「フィン・ファンネル」による攻撃力が高く、武器2「ビーム・ライフル」と組み合わせて攻撃することで、相手にプレッシャーを与えつつ戦える。また、武装変形後は自機の周囲にフィン・ファンネルが展開され、貫通属性を持たないビーム兵器による攻撃からのダメージを受けなくなるため、ビーム兵器を持つ相手との射撃戦で有利に立ちまわれる。


SRランク:ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)
『機動戦士ガンダム00』に登場したモビルスーツ。中距離においての、武装変更後の武器1「GNライフルビットII(一斉射撃)」、武器2「GNミサイルポッド(乱射)」による攻撃が強力。また、遠距離においても武装変更前の武器3「GNライフルビットII(ビットモード)」で着実にダメージを与えていける。


ARランク:量産型ガンダムF91(ハリソン専用機)
『機動戦士クロスボーン・ガンダム』に登場したモビルスーツ。スキル2「連邦の青い閃光」が発動条件を満たすと自動的に変形し、機体性能が上昇するのが特徴。また、スキル1には味方全体に効果のある「突撃指揮」も持つため、チーム戦においてその性能を十分に発揮できる。


ASランク:ストライクノワールガンダム(2連装リニアガン)
『機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-』に登場したモビルスーツ。射撃戦を得意としており、なかでも武器3「2連装リニアガン」は攻撃範囲も広めで扱いやすい。また、所持するスキルは2種類とも攻撃力上昇の機能があり、その火力はあなどれない。


BSランク:ケルベロスバクゥハウンド(アレック専用機)
『機動戦士ガンダムSEED C.E.73-STARGAZER-』に登場したモビルスーツ。近~遠距離まで、あらゆる距離に対応可能な武装を持つオールラウンダー。機体HPが50%以下になると機体性能が上昇し、より戦いやすくなる。スペシャルアタックが扱いやすい全弾発射型となっているのもポイントだ。


■「特賞ユニット+2キャンペーン」実施!

9月4日(水)に公開したWebガシャポンにて特賞に当選された際、同じユニット3機を入手できます。これらのユニットは、ユニット合成、解体によるEXPパックやマイルの獲得など、さまざまな形でご活用いただけます。ぜひ、この機会にWebガシャポンをご利用ください。

【「特賞ユニット+2キャンペーン」の情報はこちら】
リンク


※運営上の理由により変更が発生する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。


(C)創通・サンライズ (C)創通・サンライズ・MBS
Produced by BANDAI KOREA
Developed by SOFTMAX / Published by CJ Internet Japan.

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事