logo

スーモカウンター利用者調査 2013年度秋版~消費税増税と住宅購入に関するアンケート~約7割が増税によって住宅購入計画に影響を受ける

株式会社リクルート住まいカンパニー 2013年09月04日 15時30分
From Digital PR Platform


株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 野口 孝広)が運営する『スーモカウンター新築マンション』 『スーモカウンター注文住宅』では、「消費税増税と住宅購入に関するアンケート」 に関して、調査レポートをまとめましたので報告いたします。


▼スーモカウンター利用者調査 2013年度秋版~消費税増税と住宅購入に関するアンケート~約7割が増税によって住宅購入計画に影響を受ける
リンク

――――――――――――
■調査トピックス 
――――――――――――
●約7割が「消費税の増税で住宅購入計画に影響を受ける」と回答。
 ・「影響を受ける」29.7%、「やや影響を受ける」40.2%。
 ・予算が低い層ほど「影響を受ける」回答の割合が高い傾向がある。
  3,000万円未満が41.8%、3,000万~4,000万円未満が31.8%。
 ・年代が若い層ほど「影響を受ける」回答の割合が高い傾向がある。
  20代が38.7%、30代が31.5%、40代が20.7%。

●「住宅購入計画に影響を受ける」とした回答者のうち、7割強が「購入計画を見直している」と回答。
 ・「購入計画を見直している」 73.7% 、
  「購入自体を見送りしようと思っている」3.2%。


●「購入計画を見直している」とした回答者のうち、6割強が「消費税が8%に上がる前に購入しようと思う」と回答、2割弱が「消費税が10%に上がる前に購入しようと思う」と回答。
 ・「消費税が8%に上がる前に購入しようと思う」 66.2%、
  「予算を見直している」25.2%、
  「住宅ローン減税制度の適用期限延長・控除を利用しようと思う」19.5%、
  「消費税が10%に上がる前に購入しようと思う」 18.6%。


――――――――――――
■考察
――――――――――――
・全体傾向として、住宅購入検討者のおよそ7割が「消費税増税の影響を受ける」と 回答しているが、予算帯別で見ると温度差が見られるようであり、予算が低い層ほど「影響を受ける」という回答の割合が高い。  

・消費税増税対策としては、「増税前の購入を急ぐ」とした住宅購入検討者が大勢を占めるが、「住宅ローン減税制度の適用期限延長・控除を利用しようと思う」も約20%おり、行政による増税に対する緩和策への期待が伺える。



――――――――――――
■調査概要
――――――――――――
●調査期間
2013年5月23日~2013年6月17日

●調査対象
住宅購入検討者 
『スーモカウンター新築マンション』に2012年7月以降に来場した利用者 2,356名。
『スーモカウンター注文住宅』に2012年7月以降に来場した利用者 5,308名。

●調査方法
メールにてアンケート依頼し、それぞれの調査対象ごとにWEB会員画面上で回答いただく。人数は先着200名までとした。

●集計サンプル数
計408件 (同時回答者がいたため、400名超となっています。)




 
▼スーモカウンター利用者調査 2013年度秋版~消費税増税と住宅購入に関するアンケート~約7割が増税によって住宅購入計画に影響を受ける
リンク

▼不動産・住宅サイト『SUUMO(スーモ)』はこちらから
リンク

▼リクルート住まいカンパニーについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事