logo

【オプション機能追加】コンテンツ管理システム「CrossLead」に保存した紙文書の画像を自動的にOCR(活字認識)処理

パナソニック 2013年09月04日 07時10分
From PR TIMES



パナソニックグループのパナソニック ソリューションテクノロジー株式会社は、2013年10月1日(火)より、大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead」のオプションとして、活字OCR処理機能の提供を開始します。

▼大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead」について
リンク

「CrossLead」は、パソコンやタブレット端末、スマートフォン、監視カメラ、デジタルカメラなどから取り込んだ、オフィス文書や動画、写真などの多様なコンテンツを一元管理する、大容量デジタルコンテンツ管理システムです。

今回、「CrossLead」のオプション機能として、パナソニックの高精度活字OCRエンジンを搭載します。

通常、複合機やスキャナーから取り込まれた紙文書は、画像データとして保管されますが、「CrossLead」に保存された画像データを自動的にOCR処理することで、テキスト情報の検索や編集などの二次活用が可能となります。

「CrossLead」とOCR機能の連携で、紙文書の管理・活用を合理化し、業務効率化を促進します。

【主な機能】
・複合機やスキャナーから取り込まれた紙文書の画像データを自動的にOCR処理
・紙文書の画像データと文字認識されたテキストデータを関連付けて「CrossLead」に保管
・自動OCR処理の対象となる「CrossLead」のフォルダや、画像ファイル形式の指定が可能

【提供開始日】
2013年10月1日(火)

▼大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead」について
リンク

▼パナソニックの高精度OCRエンジン「活字認識ライブラリー」について
リンク

【商品に関するお問い合わせ】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
電話番号:0570-087870
受付時間:9時00分~17時30分
(土・日・祝日・当社指定休業日を除く)

▼Webサイトからのお問い合わせはこちら
リンク
⇒「商品・サービスについて」よりお問合せください

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。