logo

次世代Office対決!「Google Apps」か「Office 365」、使うならどっち?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年09月03日 13時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する、IT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回のテーマは「クラウド」。「クラウド時代の“次世代Office”、使うならどっち?」、「データセンタの立地、どっちが安心?」の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:クラウド時代の「次世代Office」、使うならどっち?
――――――――――――――――――――
Google Apps ・・・34%
Office 365・・・・66%

クラウド時代の「次世代Office」として使うなら、「Google Apps」という人は34%、「Office 365」という人は66%という結果になりました。「Google Apps」派のコメントからは、まずこれまで使ってきたMicrosoft Officeシリーズからの脱却を考えている人が多く感じられました。コメントにもあった“呪縛”という言葉はやや過激かもしれないですが、これまで代わりになる製品がなかったこともまた事実。次世代Officeとして期待が高まるところです。しかし多数を占めたのは「Office 365」派でした。大きな理由はこれまでの“慣れ”があるところのよう。そして、これまでの資産や顧客とのデータのやり取りなど考えると、Microsoft Officeから容易に離れられないという実情があります。企業にとってクラウド型アプリへの移行は現実的なだけに悩ましいところのようです。

<コメント(一部抜粋)>
【「Google Apps」派のコメント】
●Google Appsを使っている=最先端っぽくなれた?気がします。(20代・女性)
●Microsoftの呪縛からの解放。(50代・男性)
●さまざまなクラウド系アプリを統合化した形で使いたいので、Google製品に軍配が上がる。(50代・男性)

【「Office 365」派のコメント】
●今のところ会社の既存資産との互換性が重要なのと、マクロを使うことを考えるとMicrosoft社製の方が安心です。・・・というかすっかり囲い込まれていますね。(40代・男性)
●Googleは個人情報が流用されそうで怖い。(50代・男性)
●使うなら慣れているOfficeでしょう。慣れるまでの時間がもったいない。しかし、もうOfficeの時代は終わるのでは?(60代・男性)

▼その他の「Google Apps」派、「Office 365」派の理由はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■お題2:データセンタの立地、どっちが安心?
――――――――――――――――――――
国内・・・92%
海外・・・ 8%

データセンタの立地として安心できるのは「国内」という人が92%、「海外」という人が8%と、圧倒的な差が付く結果となりました。「国内」派のコメントからは、確かに地震によるリスクはあるものの、それよりも海外で起こりうる紛争や契約時のトラブルなどといったことのほうが深刻な事態になりそうと警戒している様子がうかがえます。また、国内で分散配置していたデータセンタがすべて停止するような事態になれば、それこそ業務どころではないだろう、という意識もあるようです。少数派となった「海外」派では、実際に海外にデータセンタを置いて運用しているという声がちらほら見られました。そしてとにかく、国内が混乱したときでも安定した運用ができるという点で海外を推す声が多く見受けられました。しかしこの結果を見る限り、やはりリスクを分散しながら国内に置くほうが現実的なようです。

<コメント(一部抜粋)>
【「国内」派のコメント】
●時差があると、システム障害時に電話をかけてもつながらない時間があるかもしれないため、国内が良いと思います。東京が業務の中心地であれば、沖縄のデータセンタに預けるなど。(20代・女性)
●海外はその国の法律が適用されるため、データの秘密保持に不安がある。(40代・男性)
●国内の場合は地震が多いかもしれませんが、海外は買収しかり、へたすると戦争被害にあう可能性の方が大きい気がします。(40代・女性)

【「海外」派のコメント】
●海外アクセスが有効であれば、国内の混乱に巻き込まれることが少ないと思われるから。(40代・男性)
●セキュリティ意識は海外の方が高いです。地震立国日本で、どれだけ対策とってあっても、津波もあるし。沈没するかも。(50代・男性)
●運用やメンテを考えなければ、自然災害の少ない海外の方が良いですね。(50代・男性)

▼その他の「国内」派、「海外」派の理由はこちら
リンク


<調査概要>
○調査期間:2013年8月8日~2013年8月21日
○有効回答数:380
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、IT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。
3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の“いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、
製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから

◆海外では常識?職場のデスクに家族の写真を飾りたい、と答えた人は何%いた?
リンク

◆「開発 VS 運用」会社で発言力が強いのは、“実は”どっち?
リンク

◆身の回りに、情報漏洩で処分された人がいる、と答えた人は何%?
リンク

◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。