logo

クレドクラス、FTVキャピタルから4千万ドルの投資を獲得

Credorax 2013年09月03日 10時40分
From JCN Newswire

次世代決済処理プラットフォームの拡張を加速させるグロース・エクイティ投資

Boston, MA., Sept 3, 2013 - ( JCN Newswire ) - オンライン業者や決済関連事業者向けのスマート・ハイテク・アクワイアリングを提供するクレドクラス社は本日、同社のプラットフォーム拡張継続を支援する4千万ドルの投資を受けたことを発表しました。資金提供を行ったのは、支払・取引処理業務に優れた業績を持つエクイティ投資会社であるFTVキャピタルです。資金はクレドクラス社の技術基盤、顧客サービス、流通システムの強化および拠点拡張に充当されます。

クレドクラスは、Visaヨーロッパとマスターカードの主要メンバー企業となった最初のハイテク企業の一つであり、欧州委員会のライセンスを取得した金融機関です。アクワイアラーとしては、eコマースおよび携帯端末を使用するmコマースに特化し、EU全27加盟国の決済関連事業者、ISO会員企業、オンライン業者を対象に、アクワイアリングの完全な新形態であるスマート・アクワイアリングを提供しています。同社独自のプラットフォームePower(TM)は、旧来のPoint-of-Saleシステムに頼るアクワイアラーが直面していた問題を克服するために開発されました。年間取引額1兆ドルを超えるeコマースの世界市場は急速に拡大しており、カードを介在させない取引環境における新旧ビジネスモデルの絶え間なく進化するニーズに応えるため、クレドラクスは独自の地位を確立しています。

「多くの企業の成長を助けた実績を持つ、決済事業分野の有力な投資家であるFTVキャピタルとのパートナー関係のニュースに社内は沸き立っています」と、クレドラクスの創始者であり最高経営責任者であるベニー・ナフマンは語ります。「FTVの専門性、経験および独自のネットワークは、弊社の決済処理能力をさらに強化し新しい市場への進出を図るに当たって、重要な貢献をもたらしてくれるものと思います。」

「クレドラクスの、eコマースアクワイアリングに対する差別化された技術志向のアプローチが我々を今回の投資事業に引きつけた理由です」と、FTVキャピタルのパートナーであり、クレドクラスの新役員でもあるクリス・ウィンシップは語ります。「我々は同社の今日までの業績に非常に感銘を受けており、決済関連事業者、ISO会員企業、オンライン業者への革新的なソリューションの提供と欧州、米国、世界のその他の地域における同社の存在の拡大に貢献できることを楽しみにしています。」

クレドラクスについて

クレドラクスの「スマート・アクワイアリング」は小売業務の多岐にわたる支払からアクワイアリングのライフサイクルを最適化するePower(TM)という独自の決済基盤を採用しています。クレドラクスは世界初のハイテク技術を駆使したVISA、MasterCardの主要メンバーであり、欧州委員会の金融ライセンスを取得しています。 www.credorax.com リンク , chani.garb@credorax.com

FTV キャピタルについて

FTVキャピタル は10億ドル超の運用資産を有し、ビジネス、ファイナンシャル、支払・取引処理、テクノロジーの4分野で幅広く革新的ソリューションを提供する高成長企業に投資を行うグロース・エクイティ投資会社です。FTVの専門家チームは、各分野の専門知識と業績を駆使し、意欲ある経営陣が上記分野で成長を加速させるお手伝いをします。また、FTVはそのパートナー企業に対し、同社の投資先企業を10年以上にわたりサポートし続けて来た世界一流の専門家・経営者集団であるグローバル・パートナー・ネットワークへのアクセスも提供しています。サンフランシスコとニューヨークに拠点を置くFTVキャピタルは、1998年の創立以来、3つのファンドから80を数える企業に投資を行ってきました。さらなる詳細については、FTVキャピタルのウェブサイト www.ftvcapital.com リンク をご覧下さい。

概要:Credorax

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。