logo

◎Adder Technology、IBC2013にてIP革命を先導

Adder Technology 2013年09月03日 10時40分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Adder Technology、IBC2013にてIP革命を先導

AsiaNet 54104

【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

Adder Technology、IBC2013にてIP革命を先導

2013年9月3日、イギリス、ケンブリッジ/PRNewswire/ --

高性能キーボード、ビデオ、マウス(KVM)の専門企業、Adder Technologyは、IBC2013のHall 7、B33において、放送および編集市場用のソリューションのライブ・デモンストレーションを含めた展示を行う。またAdder Technologyは、13日(金)15:30からルームG102-103においてIndustry Insightsセッション「The Business of Post Production Workflow Across High Speed Networks(高速ネットワーク上での編集作業のワークフローの状況)」を開催する。

Adder Technologyのシニア・プロダクト・マネージャーのJohn Halksworth氏は、「今年のIBCで、弊社は、エンドツーエンドのリアルタイム・インタラクティブ・ビデオ・マトリックス・システムが標準的なIPで完璧に機能し、5年後ではなく、今すぐ使用可能であることを証明します」と話す。  
  
Adderは、 放送および編集市場のニーズを満たすために特別に開発された、同社の高性能KVM技術、AdderLink Infinityのv.3ファームウエアアップデートから提供される最新機能のデモンストレーションを行う予定だ。

v.3ファームウエアは3つの主なアップデートを提供する。ネットワークチーミングは以前のバージョンの2倍の帯域幅を提供し、標準IDインフラを介して60 FPSのHDビデオを保証する。また、これは単一障害点によって作業を停止させることを防ぎ、ライブ放送スタジオの重要なアプリケーションに必須の弾力性を提供する。AIM 3.0はサーバーの冗長化を行い、クリティカルな環境において1日24時間の信頼性を可能にしている。国際化も進んでおり、現在ユーザーは10言語から選択可能となっている。

前述のカンファレンスセッション、「The Business of Post Production Workflow Across High Speed Networks(高速ネットワーク上での編集作業のワークフローの状況)」で、Adder Technologyの主任研究員のAndy Fisher博士は、AdderLink Infinityを使用することで編集スタジオが施設を時代遅れにならないように保てるかを実証する。

「編集スタジオには、既存の施設から最大の価値を引き出すために効率化を求めなければならない圧力がかかっています。しかし、彼らの施設は往々にして有限のスペースと柔軟性に欠ける設定に縛られています。弊社は、わたしどもの技術によって、タレントが自分達のプロファイルにログインするだけで、あらゆるスイートのプロジェクト構成や資産にアクセスし、同時に同僚とリソースを共有、協力することを可能にする方法を明らかにします」とFisher博士は説明する。    

Adderは、拡張、切り替え、またはマトリックスとして用いられる一連のスケーラブルなソリューションを提供しており、多くの場合それらのソリューションはAvid PowerTools、Media Composer、およびAutodesk SmokeとAutodesk Flameと一緒に使用されている。

公式IBCテクノロジーサポーターとして、Adderは再びAdderLink Infinity製品群を提供し、カンファレンスの延長、切り替え、および展示会中に絶え間なく流れるInfoChannelをサポートする。

Adder:+44(0)1954-780044/ Leila Hrycyszyn - WhiteOaks PR - leilah@whiteoaks.co.uk

リンク

発信元:Adder Technology



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。