logo

「Adobe Photoshop CC」使い方トレーニングDVDを9月13日に発売予定

コンピュータートレーニング教材制作、eラーニング向けコンテンツ制作のアテイン株式会社(本社:東京都千代田区、電話:03-3255-4721、代表:本多成人、資本金:1億1470万円)は、トレーニングDVDの新タイトル「誰でもわかるAdobe Photoshop CC」(全3巻)を9月13日に発売します。

クリエイターから、趣味やビジネスにまで幅広く使われているAdobeソフトウェアの最新版「Adobe Creative Cloud」は、さらに使い勝手が向上し、連携機能も強化されました。弊社ではCreative Cloudの中でも、DTPデザイン・WEBデザイン・映像制作など、全てのクリエイターに需要があるPhotoshop CCの使い方教材を「誰でもわかるシリーズ」のトレーニングDVDとして発売します。

3巻構成で再生時間が計3時間という大ボリュームの動画講座です。上中下巻の内容としては、画面構成や基本的な操作方法に始まり、Photoshop CCの新機能や強化機能まで、Photoshopに初めて触れる人から、前バージョンのPhotoshopを使用している人達まで幅広く対応します。さらに、映像内と同じファイルが演習ファイルとして付属しているので、それらを使って実際のアプリケーションで復習を行うことが出来ます。

・商品名
商品名:誰でもわかるAdobe Photoshop CC 上巻
5,880円(税込価格)ジャンコード4943493008121 型番ATTE-782

商品名:誰でもわかるAdobe Photoshop CC 中巻
5,880円(税込価格)ジャンコード4943493008138 型番ATTE-783

商品名:誰でもわかるAdobe Photoshop CC 下巻
5,880円(税込価格)ジャンコード4943493008145 型番ATTE-784

・内容
・Adobe Photoshop CC 上巻(約68分)
1.デジタル画像の基本知識
Photoshopが扱う画像形式
カラーモード
汎用的な画像形式とPhotoshop
2.Photoshopのワークスペース
Photoshopのワークスペース
ドキュメントウィンドウ
ツールとパネルの基本操作
ワークスペースの切り替えと保存
設定の同期
3.Photoshopの基本操作
ドキュメントの新規作成
ファイル操作の基本
Web用画像の保存
ドキュメントの操作
4.画像ファイルの管理と読み込み
写真の読み込み
Bridgeの基本操作
Mini Bridgeから画像を開く
5.選択操作と切り抜き
選択操作の基本
範囲の自動選択
選択範囲の調整
画像の切り抜き

・Adobe Photoshop CC 中巻(約65分)
1.レイヤー
レイヤーの基本操作
スマートオブジェクト
レイヤー効果
描画モード
画像の合成
2.色調補正
調整レイヤーとは?
明るさ・コントラスト
レベル補正
トーンカーブ
色相彩度と自然な彩度
3.写真の修復
修復の基本
コンテンツに応じた塗りと修復
4.フィルターの適用
フィルターの適用
スマートフィルター
ぼかしギャラリー

・Adobe Photoshop CC 下巻(約53分)
1.RAW画像の編集
Adobe Camera Rawの基本操作
Camera Rawフィルター
2.画像の鮮明化
スマートシャープ
ぶれの軽減
アップサンプリング
3.レンズの補正
広角補正フィルダーを使った歪みの補正
レンズプロファイルによる自動補正
Upright
4.テキストとシェイプ
テキストの追加
オブジェクトと属性の設定
5.画像の自動合成
パノラマ画像の合成
HDR画像の合成
ピントの異なる写真を自動スタック


・下記URLでサンプル視聴できます。
リンク
リンク
リンク

・アテインオンラインショップ
リンク


特長
・懇切丁寧で深く掘り下げた解説。
・豊富な経験をもとに初心者のつまずきやすいところから、上級者向けの一歩進んだテクニックまでくわしく紹介。
・実際の操作をパソコン画面を見せながら具体的に解説。
・独学でもおぼえられる内容。
・ビデオなので何度でも繰り返し見ることが可能。


このリリースに関するお問い合わせは下記まで
アテイン株式会社 PR本多
〒101-0041東京都千代田区神田須田町2-19-8酒井ビル
Tel.03-3255-4721 Fax .03-3255-5680 リンク
E-mail info@attainj.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

パッケージ写真

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事