logo

「スマートライフウォーク47」キャンペーンの開始について

社団法人日本ウオーキング協会 2013年08月29日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

平成25年8月29日

社団法人日本ウオーキング協会
会長 小栗正光


「スマートライフウォーク47」キャンペーンの開始について


 社団法人日本ウオーキング協会と47都道府県ウオーキング協会は、2013年9月より「スマートライフウォーク47」キャンペーンを開始します。
 今日、わが国は世界一の長寿国となりましたが、半面、糖尿病をはじめとする生活習慣病の増加、メンタルヘルス不調の増加、さらに要介護高齢者の増加などの健康課題が深刻化しつつあります。毎日を明るく元気に、生涯現役で過ごすことは私たち国民すべての願いであり、社会の活力の源とも言えましょう。その基礎となるのが、歩くことです。しかし、日本人の日常の歩数は、10年前にくらべて減少しているのが現状です。
 厚生労働省は2013年度より国民健康づくり運動「健康日本21(第2次)」をスタートさせ、その普及のために「Smart Life Project」を推進していますが、柱となる目標の一つに「日常生活における歩数の増加」を掲げています。
 社団法人日本ウオーキング協会は、「健康日本21」、「Smart Life Project」との連動を図り、「スマートライフウォーク47」キャンペーンを展開します。
 1年目となる今年度は、9府県11大会において、「プラス1000歩で、すこやか生活。」のメッセージを発信し、1日の歩数を1000歩増やすことを啓発してまいります。1000歩は距離にして600~700m、時間にして約10分で達成できる目標です。
 また、本キャンペーンでは、地域の歴史、景観、自然、食等、各都道府県の地域特色を活かし、歩く習慣がない人の興味を喚起し、歩く楽しさを啓発することで幅広い人たちの参加も促していきます。
 社団法人日本ウオーキング協会は2014年度をもって設立50周年を迎えます。
 「歩くことで人を幸福にする」という協会本来の使命を法人存在哲学として再確認し、設立50周年の記念事業として、本キャンペーンを推進します。
※キャンペーンの概要は別紙をご参照ください。

■Smart Life Walk(スマートライフウォーク)47キャンペーン概要
主催:Smart Life Walk 47 実行委員会(社団法人日本ウオーキング協会、各都道府県ウオーキング協会)
後援:Smart Life Project事務局
特別協賛:花王株式会社(ヘルシアウォーター)
運営協力:株式会社ジェロントロジースポーツ研究所 株式会社アクティブウォーク&スポーツ
期間:2013年9月~2016年3月

■2013年度キーメッセージ:「プラス1000歩で、すこやか生活。」

■2013年度大会:下表の通り(予定)
<開催日:大会名>
9/28~29:第22回天橋立ツーデ―ウオーク(京都府)
9/28~29:第6回きらり川口ツーデ―マーチ(埼玉県)
9/28~29:第7回北九州無法松ツーデ―マーチ(福岡県)
10/4~6:第13回瀬戸内しまなみ海道スリーデーマーチ(愛媛県)
10/12~13:第15回港よこはまツーデ―マーチ(神奈川県)
10/19~20:第15回和泉弥生ロマンツーデ―ウオーク(大阪府)
11/16~17:第15回城下町おだわらツーデ―マーチ(神奈川県)
1/25~26:第22回いぶすき菜の花マーチ(鹿児島県)
2/未定:第16回みやざきツーデ―マーチ(宮崎県)
3/8~9:第27回瀬戸内倉敷ツーデ―マーチ(岡山県)
3/未定:第18回龍馬ハネムーンウオークin霧島(鹿児島県)

■参考:「健康日本21(第2次)」の目標(抜粋)
目標項目 日常生活における歩数の増加
現状: 20 歳~64 歳男性7,841 歩、女性6,883 歩
65 歳以上男性5,628 歩、女性4,584 歩 (平成22 年)
目標: 20 歳~64 歳男性9,000 歩、女性8,500 歩
65 歳以上男性7,000 歩、女性6,000 歩 (平成34 年度)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。