logo

スマートフォン向けSyncサーバ「WISE Sync」、オープンソース(GNU AGPL)として無償提供開始 。エアーは保守サービス、カスタム開発受託サービスを用意

スマートフォンでセキュアかつタイムリーにメールやスケジュールの同期を実現する「WISE Sync」をオープンソース化することにより、今後ますます導入が進む企業・団体における需要拡大に応えます。
 併せて、エアーは「WISE Sync」の年間保守サービスとカスタム開発受託サービスを用意して、利用者のサポートも行ってまいります。


「WISE Sync」について
 ActiveSync互換のプロトコル を実装したゲートウェイサーバソフトウェアで、スマートフォンのメールクライントとメールサーバ間でメールや連絡先の同期を行います。さらに、利用スマートフォンを登録/管理し、万一の紛失や盗難時などの際の情報漏えいを防止します。
 一般的なメールシステムにWISE Syncを組み合わせることで、会社に届いたメールをスマートフォンから即座に閲覧し、会社のメールアドレスで送信することが可能になります。

年間保守サービスとカスタム開発受託ついて
●年間保守サービス
メール・FAXによる相談、パッチやマニュアルのダウンロード提供を内容とし、年間161,000円(1~50アカウント、税別)からとなります。
●カスタム受託開発
標準機能では賄えない要件に対応するために、カスタム開発の受託を承ります。

【エアーについて】
 株式会社エアーは、「いつの時代も、"いま、最も必要なソフトウェア"を提供する」ことをモットーに、アーカイブソリューション「WISE Audit」、メール誤送信対策製品「WISE Attach」、「WISE Alert」、印刷セキュリティソリューション「WISE Print印刷ログ監査」など、メッセージング、セキュリティ、仮想化、BI、クラウドストレージなど幅広い分野のソリューションを提供しています。

「WISE Sync」について詳細は、下記Webサイトをご参照ください。

                       リンク

【プレスリリースについてのお問い合わせ】
株式会社エアー 販売促進支援グループ
電話:06-6368-6080
Email:press@air.co.jp

【製品についてのお問い合わせ】
 株式会社エアー プロダクト事業部
 電話:03-3587-9221
 リンク

「WISE Sync」の特長

●スマートフォンからセキュアに Office 365/Exchangeが利用可能
WISE Syncを追加設置すれば、フェデレーションサービスによる、IPフィルタリングやシングルサインオンのセキュアなアクセス環境にある社内のPCと同じ環境を、外に持ち出したスマートフォンにも適用可能です。


●追加設置導入が容易なゲートウェイSyncサーバソフトウェア
WISE Sync は ActiveSync 互換のプロトコルを実装したゲートウェイサーバソフトウェアです。
スマートフォンのメールクライントとメールサーバ間でメールや連絡先の同期を行います。
さらに、利用スマートフォンを登録/管理し、万一の紛失や盗難時などの際の情報漏えいを防止します。
●WISE SyncのMDM機能 ※
・通信プロトコルは、 HTTPS で暗号化 を実現します。
・端末ID をあらかじめ WISE Syncに登録しておき(複数登録可能)、それ以外の端末からのアクセスは一切拒否できます。
・端末を紛失/盗難された場合も、利用者自身または管理者が、リモートでその端末をロックできます。
・利用者自身または管理者がリモートで端末のデータを強制的にワイプできます。
※WISE Syncが一般的なMDMの機能すべてを兼ね備えているわけではありません。

........................................................................

* WISE Syncは株式会社エアーの登録商標です。
* 文中に記載されている製品名および会社名は、一般的に各社の商標または 登録商標です。
* 製品の仕様は予告なく変更することがあります。

                                                            以上




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事