logo

ウォッチガードがNCP engineeringと提携し、 Microsoft WindowsとApple OS X対応のIPSec VPNクライアントを提供

ウォッチガードがNCP engineeringと提携し、Microsoft WindowsとApple OS X対応のIPSec VPNクライアントを提供。ベストインクラスのVPNテクノロジにより、設定のシンプル化とワンクリックでのリモートアクセスを実現。

企業向けセキュリティソリューションのグローバルリーダであるWatchGuard(R) Technologies(以下ウォッチガード)は本日、新たにNCP engineering(以下NCP)と技術提携し、Microsoft Windows(R)とApple(R) OS Xに対応したIPSec VPNへのアクセスをシンプル化し、利便性を大幅に向上させたと発表しました。この提携により、ウォッチガードのUTM(統合脅威管理)アプライアンスXTMファミリ向けの新IPSecモバイルVPNクライアントで、NCPのベストオブブリードのリモートアクセスVPNテクノロジが利用できるようになりました。本ソリューションでは管理設定の手間を省き、エンドユーザはワンクリックでVPNアクセスが可能になります。

北米とヨーロッパでの調査結果では、企業における従業員の3分の2は、毎月最低でも1回は社外で仕事をしているとの報告があり*、安全なVPN接続をシンプルに行えることと、保守管理の手間を削減することは、企業の生産性と安全性を維持する上で非常に重要となっています。新しいIPSecモバイルVPNクライアントでは、二要素認証、Windowsドメインへの事前ログイン、FIPS 140-2対応のIPSecアルゴリズム、およびセキュアなパーソナルファイアウォールに対するサポートなど、重要な機能を提供しています。

ウォッチガードのプロダクトマネジメント担当ディレクタであるロジャー・クローレス(Roger Klorese)は、次のようにコメントしています。「NCPのユニバーサルIPSec VPNが、新たにウォッチガードのVPNソリューションに加わることで、企業の従業員からのリモートアクセスへの様々な要望(モバイル端末、OS要件、ネットワークインフラ等)に迅速かつ容易に応えることが可能になります。NCPは、セキュアなリモートアクセステクノロジのリーダであり、当社との提携により、柔軟でありながら非常に堅牢なVPNソリューションを市場にもたらすことができるでしょう。」

IPSecモバイルVPNクライアントは、ウォッチガードのプロファイルとともにダウンロードして、構成・実装することが可能となっており、エンドユーザはワンクリックで容易にリモートアクセスを実現することができます。また、ライセンスはウォッチガードの各販売代理店より購入することが可能であり、8月27日以降はウォッチガードのソフトウェアダウンロードセンタより、30日間無償評価版を入手することができます。

NCP engineeringの南北アメリカ担当ジェネラルマネージャであるパトリック・オリバー・グラフ(Patrick Oliver Graf)氏は、以下のように述べています。「私たちのIPSec VPNクライアントは、実装をよりシンプルで簡単に実行できるように設計されており、ウォッチガードのXTMシリーズと統合することにより、お客様は安全で確実にリモートおよびモバイル環境での作業を行う事が可能になります。」

ウォッチガードのXTMファミリについての詳細は、リンク をご覧下さい。

* 「Framing the Business and IT Impact of Mobile and Remote Work(モバイルとリモートワークがもたらすビジネスとITへのインパクトの枠組みを作成する)」 Forrester
リンク

【WatchGuard Technologies社について】
WatchGuard(R) Technologiesは、1996年よりネットワークセキュリティアプライアンスにおけるテクノロジリーダとして、信頼性が高く、管理性に優れたセキュリティソリューションを全世界の企業に提供しています。WatchGuard XTMは、アプリケーションプロキシー技術に基づくマルチレイヤの高度なセキュリティを可能にし、容易な導入、運用、サポートとともに、高い費用対効果を実現しています。ウォッチガードは株式非公開企業で、本社を米国ワシントン州シアトルに置き、北米、ヨーロッパ、アジアパシフィック、ラテンアメリカに支社を展開しています。日本法人であるウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、2000年に設立され、多くのパートナーを通じて、アプライアンスの販売のみならず、マネージド(管理)サービスも提供しています。日本市場では、中堅/中小企業のセキュリティの「見える化」、セキュリティとネットワークの「管理」など拡大するニーズに対し、ソリューションを提供しています。詳細は リンク をご覧下さい。

WatchGuardは、WatchGuard Technologies, Inc.の登録商標です。その他の商標は各社に帰属します。

※本文は、2013年8月23日に米国WatchGuard Technologies, Inc.により発表されたプレスリリースを元に作成しています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。