logo

パ・リーグファンのためのゲームアプリ『パ・リーグのやぼう 2013』配信開始

株式会社KADOKAWA 2013年08月26日 16時26分
From PR TIMES

アスキー・メディアワークス

パシフィックリーグマーケティング × RucKyGAMES × アスキー・メディアワークスによる、パ・リーグファンのためのゲームアプリ『パ・リーグのやぼう 2013』を、8/26(月)よりiOS版、Android版で同時に配信開始いたしました。



 パシフィックリーグマーケティング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:立花 陽三、以下PLM)は、株式会社RucKyGAMES(本社東京都中野区、代表取締役:本間 和明、以下RG)および株式会社アスキー・メディアワークス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚田 正晃、以下アスキー・メディアワークス)との協業で、スマートフォン向けゲームアプリ『パ・リーグのやぼう 2013』を、8月26日(月)よりiOS版、Android版で同時に配信開始いたしました。

 『パ・リーグのやぼう 2013』は、プロ野球パシフィックリーグからお気に入りの球団を選んで選手を集め、各都道府県と試合を行い自チームのファンを獲得していくという内容で、パ・リーグファンはもちろん、野球ファンや「ぐんまのやぼう」を夢中でプレイした方にも楽しんでいただけるゲームです。

 「ぐんまのやぼう」はRGが開発し、2012年に大ヒットしたゲームアプリで、群馬県のPRに大きく寄与しました。「パ・リーグ各球団の地域密着」「リーグ全体の振興への積極的取り組み」を企業理念に掲げるPLMは、この開発姿勢に大いに賛同し、アスキー・メディアワークスが発行する雑誌「mobileASCII」内の企画「パ・リーグアプリ製作委員会」を通じ、本企画が完成いたしました。


=====================================================

【アプリ名】 パ・リーグのやぼう 2013

【ジャンル】 カジュアルゲーム

【価格】   無料

【配信開始日】2013年8月26日(月)
       iOS版、Android版同時配信

【配信元】  パシフィックリーグマーケティング株式会社

【開発】   株式会社RucKyGAMES

【企画協力】 株式会社アスキー・メディアワークス

【iOS向け AppStore】
  リンク

【Android向け Google Play】
  リンク

=====================================================


<『パ・リーグのやぼう 2013』ゲーム概要>

1.球団を選択
 パ・リーグ6球団のうちから1チームを選択します。

2.選手を集める
 「ぼしゅう」にて、時間の経過とともに増える選手をタップして、
 どんどんスタジアムに集めます。

3.ポジションを揃える
 タップして集めた選手は、それぞれポジションを持っています。
 9つのポジションをすべて集めると、試合ができるようになります。

4.攻める都道府県を選択
 隣接する都道府県と、試合することができます。
 各都道府県の強さは、現役プロ野球選手の出身地データを基に、作成しています。

5.試合開始!
 試合結果は、自チームの強さと、相手チームの強さを基に決まります。
 勝利すると、対戦できる地域が広がります。
 試合結果にかかわらず、自チームのレベルアップに必要な経験値と、
 Baseball Fan Point(BFP)がたまります。

6.野球用語カードを収集!
 試合で獲得したBFPを使って、カードを集めることができます。
 各球団のマスコットキャラが、レアカードとして登場するかも…!?


★選手集めから試合実施までを繰り返し、各都道府県すべてに勝利すると、ゲームクリアとなります。
以下の都道府県(プロ野球パシフィックリーグ6球団の本拠地)には、ボスが存在します。

◆北海道(北海道日本ハムファイターズ)
◆宮城(東北楽天ゴールデンイーグルス)
◆埼玉(埼玉西武ライオンズ)
◆千葉(千葉ロッテマリーンズ)
◆大阪(オリックス・バファローズ)
◆福岡(福岡ソフトバンクホークス)


<ご参考>

■『ぐんまのやぼう』とは

端末のタッチパネル上で群馬県の特産品を収穫し、貯めた得点で他の都道府県や世界、さらには太陽系の惑星を制圧して、それら全てを「群馬県」にしてしまうシミュレーションゲーム。2013年6月現在で、iPhone・Android版合わせて150万ダウンロードを記録しています。


<関連URL>

・パシフィックリーグマーケティング公式サイト: リンク
・RucKyGAMES公式サイト:リンク
・mobileASCII公式サイト:リンク
・アスキー・メディアワークス公式サイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事