logo

TBS系ドラマ 『半沢直樹』の原作小説シリーズ3作目 『ロスジェネの逆襲』 Kindle版の販売開始

~同シリーズの『オレたちバブル入行組』と『オレたち花のバブル組』もランキング上位常連に~

Amazon.co.jp(以下Amazon)では、本日8月23日より、『半沢直樹』シリーズ、待望の3作目である 『ロスジェネの逆襲』(池井戸潤著/ダイヤモンド社)のKindle版の販売を開始しました。



7月7日に放送が開始されたTBS系ドラマ 『半沢直樹』が大きなブームとなり、文庫版の販売数も大きく伸びている中、Kindleストアでは『オレたちバブル入行組』、『オレたち花のバブル組』(池井戸潤著/文藝春秋)、そして同著者の短編集である『シャイロックの子供たち』(文藝春秋)のKindle版を7月31日に予約開始し、8月2日に販売を開始いたしました。Kindle版の販売も非常に好調で、予約開始以来Kindle本ランキングの上位に常にランクインしています。


この度販売を開始した『ロスジェネの逆襲』は、紙書籍では単行本のみの販売であり、Kindle版の登場でお客様に『半沢直樹』シリーズの3作全てをよりお気軽にお楽しみいただけることとなりました。


『ロスジェネの逆襲』、『オレたちバブル入行組』、および『オレたち花のバブル組』のKindle版は、Kindleストアでご購入いただけます。
詳細はこちらをご参照ください。リンク


なお、Kindleストアでダウンロードされたコンテンツは、Kindle Paperwhiteなどの電子書籍リーダーのほか、Kindle Fireシリーズ、iPad、iPhone、iPod Touch、Android携帯・端末向け無料Kindleアプリでもお楽しみいただけます。


Amazonは、今後もお客様のさらなる利便性を追求し、サービスの強化に努めてまいります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事