logo

PCのUSBキーボード・マウスでスマホやタブレットを操作できる新製品「CS533」を発売

~手持ちのUSBキーボード・マウスをBluetooth化 シームレスな切替でスマホアプリの開発現場にも最適~

ATEN (エイテン)ジャパン株式会社は、本体に接続されたUSBキーボード・USBマウスをBluetoothデバイスとして変換し、パソコンとスマートフォンの間で切り替えて使用できるPC・スマホ切替器「CS533」を8月8日より販売開始しました。
本製品は、手持ちのUSBキーボード・マウスによるスマートフォンやタブレットの操作を可能にした、市場に類を見ない新ジャンルの製品です。本製品のターゲットとなるのは、普段はデスクトップPCで主に作業をしながら、必要に応じて、スマートフォンでメールを編集したり、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を利用したりするのに、キーボードからの入力が必要となるユーザーです。サクサク操作できるシームレスな切替機能で、快適なモバイルライフをサポートします。

製品の主な特長とメリット

1.手持ちのUSBキーボード・マウスから
最大2台のスマートフォン・タブレットの操作が可能に
本製品は、PCとUSBキーボード・マウスで挟むように接続して使用します。通常はPCを操作するキーボードやマウスも、スマートフォンやタブレットを操作したいときには、ホットキー操作ひとつでBluetoothキーボード/マウスへと早変わり。手持ちのキーボード・マウスからAndroid、iOS等、Bluetooth HIDプロファイルに対応したデバイスの操作が可能になります。
 ※iOSおよび一部のBluetoothデバイスではマウスが機能しない場合があります。


2.PCとスマートフォンをストレスなくサクサク切替
CS533は、PCとBluetooth HIDプロファイル対応のデバイスを単に切り替えるのではなく、相互の切替をスムーズに行えるのが特長です。デバイスは一度CS533に登録されれば、PCをシャットダウンしても本体がペアリングを記憶しています。また、PCポートへ切替を行ってもBluetooth側の接続を維持し、シームレスな切替を可能にする「サクサク切替モード」を搭載しており、ストレスフリーな操作環境を提供します。


3.デスクトップPC環境に調和するクレードル形状 角度は20度と70度から選択可能
本体は、一般的なスマートフォンやタブレットを保持できるクレードル形状ですので、PCのそばに置いても操作の邪魔になりません。また、スタンドの角度は、用途に応じて20度と70度の2通りからお選びいただけます。
※充電機能はありません。


4.スマートフォンアプリの開発、営業活動、SOHOなど活用シーンは無限大
PCとモバイルデバイスの混在環境で切替操作をスムーズに実現する本製品は、その活用シーンも多岐に渡ります。例えば、スマートフォンアプリの開発現場に導入すれば、エンジニアはPCから実機でデバッグする際にも、手を止めることなく双方の画面を操作できるため、非常に効率的です。


標準売価および出荷開始日

製品型番 製品名
CS533 PC・スマホ切替器

標準小売価格(税抜) :8,000円

出荷開始日:2013年8月8日



※操作方法はYouTubeにて動画で公開中です。下記URLまたは右のQRコードよりアクセスしてご覧いただけます。
(URL:リンク)

このプレスリリースの付帯情報

CS533 外観

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

ATENとは
ATENはコネクティビティおよび管理ソリューションのプロフェッショナルとして、ワールドワイドにビジネスを展開している企業です。1979年に台湾で設立されて以来、北米、欧州、アジア各国に拠点を増やし、KVMスイッチ市場では世界的なリーディングカンパニーとしても知られています。
SOHO/SMB向けKVMソリューションである「ATEN」やエンタープライズ向けサーバー管理ソリューションである「ALTUSEN」シリーズ、また、これらの製品開発で培ってきた技術や経験を生かして、近年ではプロフェッショナル向けA/Vソリューション「VanCryst」シリーズやグリーンエネルギーソリューション「NRGence」も展開し、多様化する市場のニーズに応えます。


ATENジャパンとは
ATENジャパン株式会社は、ATENの日本法人として2004年に設立され、日本におけるATEN製品の広告宣伝、販売、アフターサポートを担当しています。ユーザーニーズにあったサービスを提供することで、日本におけるKVMスイッチやビデオ製品、電源関連製品の更なる市場拡大を目指します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。