logo

アスクル メディカル&ケア カタログ2013~2014号を発刊

アスクル株式会社 2013年08月21日 12時01分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年8月21日

アスクル株式会社

アスクル、病院・診療所・薬局・介護関連施設向け通販カタログ
「アスクル メディカル&ケア カタログ2013~2014号」を発刊
~介護用品を中心に商品拡充し、約10%増の約8,500アイテム!~

アスクル株式会社 (本社:東京都江東区、社長:岩田彰一郎、リンク、以下アスクル)は、医療・診療所・薬局・介護施設向けの一般消耗品通販カタログの最新号「アスクル メディカル&ケア カタログ2013~2014号」を8月21日に発刊しました。

<「アスクル メディカル&ケア カタログ2013~2014号」の概要>
総ページ数 :433ページ(前号417ページ)
取扱商品数(メディカル&ケア専用商品) :約8,500アイテム(前号約7,600アイテム)
取扱商品 :マスク・手袋・ガウン、衛生材料、歯科・口腔ケア、洗浄・消毒・滅菌、
医療・介護事務、薬局、介護、インテリア、家具・備品、白衣・シューズ等

「アスクル メディカル&ケア カタログ2013~2014号」は、前号カタログと比べ約10%増の約8,500アイテムを掲載。お客様からいただくたくさんのご要望をひとつでも多くカタチにするため、介護用品を中心に大幅に拡充しました。一般医療用消耗品は「アスクルインターネットショップ」(リンク)、医療材料については「アスクル メデトモ*」(リンク)と連動し、カタログにはない幅広い商品を展開することで、お客様が必要とされる商品のワンストップショッピングを目指します。
*「アスクル メデトモ」につきましては、リンクをご参照下さい。

■介護用品を中心に品揃えを拡大中!
 介護食や介護施設向け家具など、介護用品を中心に品揃えを大幅に拡充しました。
・介護食は主食やトロミ調整食品からデザートまで、バラエティに富んだ品揃え!全品無料サンプルをご用意!
・介護施設向け家具の品揃えが充実!
・快適な着心地のドクター・ナース向けシューズとウェアが大幅増!

■定番アイテムを低価格でご提供!
 マスクやグローブ、介護施設向けチェアなど、人気の定番アイテムの値下げや低価格商品の投入で、お客様の経費削減にも役立つ商品をたくさん揃えました。

■クロックスから医療・介護現場向けスニーカーが新登場!
人気のクロックスから、医療・介護現場向けに紐なしタイプのスニーカーが新登場しました。紐なしタイプのため着脱しやすく、紐ありタイプ特有の引っかかりや汚れがつかないよう配慮したデザインです。また、クロックスが独自に開発した「クロスライト」素材の快適性で、体に負担をかけず長時間の立ち仕事による疲労を軽減します。

■お取り寄せ商品のFAXご注文の簡略化が実現!
お取り寄せ商品のFAXによるご注文の簡略化が実現しました。従来は、お取り寄せ商品には商品コード番号が付与されておらず、FAXから専用注文書を入手しご注文いただいておりました。新カタログでは、お取り寄せ商品に商品コード番号を付け、カタログ内のお取り寄せ専用のオーダーシートから簡単にご注文いただけるようになりました。

<参考>アスクルのメディカル事業について
アスクルは、オフィス用品だけではなく医療用品もまとめてアスクルで購入できたら便利、という多くの医療関係のお客様の声に応えるべく、2004年1月にメディカル事業に参入いたしました。
衛生用品・介護用品・薬局用品・白衣などの一般医療用消耗品デリバリーサービスのほか、注射・輸液や医薬品・高度管理医療機器などの医療材料デリバリーサービスを展開しています。
2013年5月期におけるメディカル事業の売上高は86憶円まで成長し、医療通販売上高No.1※となっております。Webでの取り扱い商材数を拡大したことも功を奏し、足元では二桁成長を継続しており、アスクルの成長を牽引する事業の一つとなっております。 ※当社推計
高齢化に伴う社会保障費の拡大や診療所・介護施設数の増加を受けて、メディカル事業が対象とする市場規模は今後もさらなる拡大が見込まれます。「流通革新を通じて医療介護に貢献する」という事業理念のもと、2014年5月期において100億円を超える医療通販No.1売上高を目指してまいります。

※プレスリリースに掲載の情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。