logo

海外では常識?職場のデスクに家族の写真を飾りたい、と答えた人は何%いた?

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2013年08月21日 11時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する3000点以上のIT製品情報を掲載する無料会員制サイト『キーマンズネット』(リンク)は、ITに関する身近でちょっと気になるテーマについて、投票形式で白黒をつけるコーナー「情シスのスイッチ」を公開しています。

今回のテーマは「最適」。“職場のデスクに、家族の写真を飾りたい?”“「iPhone」vs「Android」・・・業務で使うなら、どちら?”の2つをお題にしたアンケート結果を、お届けいたします。

▼「情シスのスイッチ」の記事はこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■お題1:職場のデスクに、家族の写真を飾りたい?
――――――――――――――――――――
飾りたい・・・・・15%
飾りたくない・・・85%

職場のデスクに家族の写真を「飾りたい」と答えた人は15%、「飾りたくない」と答えた人は85%という大差の付く結果になりました。洋画のオフィスシーンではデスクににこやかに笑う家族の写真が置かれているのが定番ですが・・・。少数の「飾りたい」派は、飾ることによって仕事への意欲をかき立てられるようです。また、家族写真によって自身の家族思いの面をアピールする目的だというコメントも見られました。しかし多数を占めた「飾りたくない」派は、そのアピールこそが無用であると考えており、“家族”というプライベートな事項を仕事に持ち込むべきではない、という考えのようです。ケータイやスマホで家族の写真を見るのはともかく、わざわざ他者の目にとまるところに掲示する必要はないという人が大多数でした。しかし「家で会うのだから会社でまで顔を見たくない」というのはちょっと悲しい気も・・・。

<コメント(一部抜粋)>
【「飾りたい」派のコメント】
●同じ会社の旦那の写真を飾ることはあり得ませんが、子どもの小さい頃の写真はずっと飾っています。でももうすぐ大学生になるので、そろそろやめようかなぁ。(40代・女性)
●訪問者があったとき、話題ができてよい。(60代・男性)
●以前デジタルフォトフレームを置いていたが、部下にやめてくれと言われ、震災時の節電と共に箱の中に格納されロッカー行きとなりました。(40代・男性)

【「飾りたくない」派のコメント】
●プライベートを職場に持ち込むのはちょっと・・・。(20代・女性)
●写真なんぞ見たらやる気モードより逃避モードになりそう・・・。(40代・男性)
●帰れば嫌でも顔を合わせるのに、仕事中くらいは・・・。(50代・男性)

▼その他の「飾りたい」派、「飾りたくない」派の理由はこちら
リンク


――――――――――――――――――――
■お題2:「iPhone」vs「Android」・・・業務で使うなら、どちら?
――――――――――――――――――――
iPhone ・・・49%
Android・・・51%

業務で使うモバイル端末として「iPhone」を選ぶという人は49%、「Android」を選ぶという人は51%と、ほぼ半々の結果となりました。「iPhone」派のコメントからは、iOS端末のもつ統一性、アプリがキッチリ審査されていること、セキュリティの強固さなどが“業務用途”としての利点として挙げられています。しかし多少は“Appleびいき”の雰囲気も感じられなくもありません。「Android」派では、まずその“Appleびいき”を嫌う人が少なくありませんでした。またAndroidにあるオープンさを支持する声も多くありました。業務に適したアプリや、確実にユーザ管理を実現するMDMツールなどはAndroidのほうが多いと判断しているようです。ただ、セキュリティの懸念は少なくないようですが、最近ではだいぶ改善が進んでいることも知っておいてほしいものです。

<コメント(一部抜粋)>
【「iPhone」派のコメント】
●Androidのほうが、使い勝手やアプリ開発・自由度が高いと思いますが、セキュリティポリシー的にiPhoneになると思います。(20代・男性)
●ずっとApple製品を愛用しているせいで、iPhoneが使いやすいです。あと、電池のもちがいいので。(30代・女性)
●Androidの方が業務には多少向いているかも?と思うが、ウイルス感染など、セキュリティに不安がある。(50代・男性)

【「Android」派のコメント】
●個人で使用しているのがiPhoneなので、どちらもiPhoneにすると間違えそうで恐いです・・・。(20代・女性)
●UIに関してはどちらであっても抵抗はないですが、Appleを神のように崇めている人たちの排他的な態度が嫌なのでAndroidに1票です。(30代・男性)
●Appleの製品は、それ自体は確かに魅力的なのだが、独自色が強くてオープンな世界ではちょっと異質な感じ。(50代・男性)

▼その他の「iPhone」派、「Android」派の理由はこちら
リンク


<調査概要>
○調査期間:2013年7月25日~2013年7月31日
○有効回答数:470
○調査対象:キーマンズネット会員


――――――――――――――――――――
◇「キーマンズネット」について
――――――――――――――――――――
キーマンズネットは、35万人のIT担当者が集まる無料会員制サイトです。豊富な製品情報以外にも、最新のITキーワードや市場動向を解説した「ITがよく分かる特集」などのコンテンツを通じ、企業の情報システム部門に在籍する方向けに、IT初心者から上級者まで納得の特集や、製品やシステム選びに役立つ情報を提供しています。

<コンテンツ> ※全ての機能は、会員登録する事で、フルにご利用できます!
1)製品レポート「Keyレポ」「Keyノート」
IT製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

2)「比較表」作成機能
製品同士のスペックや価格などの基本情報をまとめた「比較表」が簡単に作成できます。

3)「資料ダウンロード」機能
検索結果や比較表からまとめて資料請求することもでき、情報収集が効率化できます。

4)ITがよくわかる特集
状況や立場に応じて選ぶことができ、興味のあるカテゴリの最新ニュースや製品情報を毎日メールでお届け。
IT製品の”いま”がわかります。

5)企業向けITのセミナー・イベント情報
IT製品に関する各種セミナー情報を、Webとメールでご提供します。

6)キーマンズネットDaily
あなたの興味にそった情報を毎日メールでお届けします。製品の特徴から活用事例、価格・スペックまで、製品の比較検討に役立つ情報を提供しています。

キーマンズネットでは、IT製品の選定に必要なさまざまな情報を提供しています。
もちろん登録・利用は無料。是非ご登録いただき、IT製品選びにお役立て下さい。


▼「キーマンズネット」はこちらから
リンク

▼「情シスのスイッチ」オススメ記事はこちらから

◆「開発 VS 運用」会社で発言力が強いのは、“実は”どっち?
リンク

◆身の回りに、情報漏洩で処分された人がいる、と答えた人は何%?
リンク

◆個人利用のクラウドストレージ、何%の人が有償サービスを利用?
リンク


◆ほかにもまだまだあります!「情シスのスイッチ」記事一覧
リンク

▼キーマンズネットの「Facebookページ」はこちらから
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。