logo

パナソニックの大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead V2.1」の提供を開始~高速全文検索エンジンと英語UI搭載により業務効率化を実現~

パナソニック 2013年08月21日 07時10分
From PR TIMES



パナソニックグループのパナソニック ソリューションテクノロジー株式会社は、2013年8月21日(水)より、大容量デジタルコンテンツ管理システムの最新バージョン「CrossLead V2.1」の発売を開始しました。

▼大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead」について
リンク

「CrossLead」は、パソコンやタブレット端末、スマートフォン、監視カメラ、デジタルカメラなどから取り込んだ、オフィス文書や動画、写真などの多様なコンテンツを一元管理する、大容量デジタルコンテンツ管理システムです。

「CrossLead」に登録したコンテンツは、必要な時にすぐに検索して取り出すことができ、複数の部署や拠点で横断的に活用することで、コミュニケーションの活性化、顧客対応力強化につながります。

今回、高速全文検索エンジンを搭載することにより、業務パフォーマンスの向上を実現しました。また、英語UIへの対応により、経営のグローバル展開やダイバーシティ人材採用を行う企業などにもおすすめです。

【主なバージョンアップ内容】
・高速全文検索エンジン搭載により、業務パフォーマンスが向上
・英語UIの搭載により、グローバルでの活用が可能
・透かし画像作成機能により、セキュリティ機能が強化
・顧客要望を反映したUIの改善
など

【提供開始日】
2013年8月21日(水)

▼大容量デジタルコンテンツ管理システム「CrossLead」について
リンク

【商品に関するお問い合わせ】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
電話番号:0570-087870
受付時間:9時00分~17時30分
(土・日・祝日・当社指定休業日を除く)

▼Webサイトからのお問い合わせはこちら
リンク
⇒「商品・サービスについて」よりお問合せください

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。