logo

6畳間で100インチの大画面を気軽に楽しめるデジタル映写機 BOXi T-350 [ボクシー ティー350]発売のお知らせ

株式会社 エルモ社 2013年08月20日 16時10分
From PR TIMES

テクノホライゾングループ [JASDAQ 6629] の株式会社エルモ社(本社:名古屋市瑞穂区明前町6-14代表取締役社長:林 数馬)は、小型LEDプロジェクター (愛称:デジタル映写機) BOXi T-350(ボクシー ティー350)を 平成25年8月20日(火) 発売いたします。





【デジタル映写機 BOXi T-350の商品コンセプトと特長】

■くつろぎの空間をカジュアル・ホームシアターに
週末の何気ないひと時に夫婦や家族でゆっくりと映画館気分を気軽に楽しみたい・・・
そんな方々にお使いいただきたいと開発したのがデジタル映写機 BOXi T-350です。


■小さくてもこだわりの映像を
16mm、8mm映写機(※1) 時代から培われてきたELMOの映像へのこだわりを、小型のボディ(縦横高132mm,143mm,44mm , 重量480g) に凝縮してデザインしました。机の引き出しに入る小型ボディは収納に困らず、必要な時に必要な場所で高画質映像(WXGA 1,280×800)をお楽しみいただけます。
そしてBOXiにはこのクラス初(※2)の高性能短焦点レンズを搭載。焦点距離f = 9.05mm、スローレシオ0.93、明るさF = 2.04の専用設計レンズが、わずか1mの距離で 50インチ、6畳間のスペースがあれば100インチの大画面を明るく美しく投写します。

■シンプルに誰にでも気軽に簡単に
BOXiは、スイッチを入れてわずか7秒で映像を投写します。上映終了後もクーリングは不要。光源となるLEDの寿命は20,000時間、毎日8時間お使いいただいても6年以上のロングライフ。
画質はお好みで7つのモードより選択が可能、もちろんお好みに応じた調整も可能です。
映画館になかなか出かけられない子育て世代から、奥様と二人でなつかしい名画を楽しみたいシニア層まで、幅広い世代にカジュアル・ホームシアターを提案する それがデジタル映写機BOXi T-350です。


※1 2013年8月7日 国産初の16mm映写機エルモA型 が日本機械学会より機械遺産に認定されました。
※2 2013年8月現在、 当社調べ


【BOXi T-350主な仕様】

本体仕様
方式:単板DLP方式
表示デバイス
  サイズ:0.45型
  解像度:1,280×800 (WXGA)
  アスペクト比:16:10
投写レンズ
フォーカス調整:手動
  焦点距離:f = 9.05mm
  スローレシオ:0.93
  F値:F = 2.04
  光源:3 LED (R,G,B)
投写方式 (メニュー設定方式):フロント/リア/デスクトップ/天吊り
明るさ:300 lm
コントラスト比:1,000:1 (JIS X 6911) (10,000:1 当社測定基準)*
色再現性:フルカラー 1,677 万色
音声出力:1W モノラルスピーカー内蔵
音声出力端子:ステレオヘッドホン出力:30mW+30mW(16Ω以上)
入力信号:HDMI Type A×1 (HDCP対応、CEC対応)
使用環境  
  動作温度:5℃ ~ 35 ℃
  動作湿度:85% (最大)
  保存温度:-20℃~+60℃
  保存湿度:90% (最大) 結露なきこと
  入力電圧:DC12V~19V
電源 (付属)
  ACアダプタ:入力:AC100~240V、50~60Hz
          出力:DC12V
  消費電力:56W (エコモードOFF時、明るさモード)
         30W (エコモードON時、明るさモード)
外形寸法:132 mm (幅) x 143 mm (奥行) x 44 mm (高さ *ゴム足含む)
質量:480g

*プロジェクションシステムの最大白照度と最小黒照度の比

*ELMO BOXi, ELMOロゴは(株)エルモ社の登録商標または商標です。
その他の名称や製品名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースリリースの内容は発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がある旨予めご了承ください。

この件に関するお問合せ先
株式会社エルモ社 マーケティング本部 企画室
電話:052-811-5241 FAX:052-824-4400 住所:名古屋市瑞穂区明前町6-14
e-mail:online-info@elmo.co.jp
BOXi Website: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事