logo

◎リー、トミーとハイエナ BurnのDJ大会で優勝

BURN RESIDENCY 2013年08月20日 13時25分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎リー、トミーとハイエナ BurnのDJ大会で優勝

AsiaNet 53986
共同JBN 0942 (2013.8.20)

【ロンドン2013年8月19日PRN=共同JBN】世界最大のディスクジョッキー(DJ)大会、burn Residencyはこの1年、各国の前途有望なDJの人材を探し求めてきた。数週間前、90カ国以上の5000人を超える参加者から絞られた有力候補18人がスペイン沖のイビサ島に飛び、最高級クラブの夏季レジデンシーをかける生涯一度のチャンスに挑戦した。

(Photo: リンク

各候補は2週間に及ぶ厳しいトレーニングを通じて徹底的に争い、その結果、3人のDJが夢を実現した。ことしのburn Residency優勝者は
リー・ドブリチッチ(リンク)、
トミー・キッド(リンク)、
ハイエナ(リンク)の3人である。
最終決戦の模様はリンクを参照。

最初の課題をクリアして決勝の6人に入り、たちまち審査員に注目されたリー・ドブリチッチ(セルビア)は世界最大のクラブ、PrivilegeのDJラインアップに加わる。

「トミー・キッド」ことトマス・フェラール(フランス)は際立つ低音とダブ、トラップのブレンドで審査員をあっと言わせ、結局、イビサで名をとどろかせるクラブ、Sankeys Ibizaに場所を得た。

そして「ハイエナ」のヤン・エヘナ(ポーランド)はハウスとテクノのミックスを印象付け、イビサの日没の名所にある世界的に有名なCafe Mamboのスティーブ・ローラーやコルシュ、ガイ・ガーバーの仲間に選ばれた。

Burnのエリック・ホフスタッター・マーケティングマネジャーは「ことしのburn Residency出場者は才能レベルがそろっていて感心したが、優勝者はその情熱、専心、スキルを通して驚くべき有望さを示しており、3人の素晴らしい将来に関与できることを喜んでいる」と語った。

リー、トミー、ハイエナの3人がレジデンシーを確保したため、彼らのシングル第一弾が米オンライン音楽配信サービスBeatport(ビートポート)上のburn Recordsから独占公開されることになった。burn Recordsは彼らのデビュー曲をリリースする最高の舞台と機会を与えるために設立された。

優勝したリー、トミー、ヤンがレジデントDJとして第一弾に至るトレーニングに入るとき、彼らの体験を共有しよう。彼らの曲は以下のburn Residencyオンライン・ウェブシリーズでフォローできる。

BUY LEA DOBRICIC - DISCONNECT IT (リンク

BUY TOMMY KID - CHALLENGER (リンク

BUY HYENA - WHY? (リンク

ソース:BURN RESIDENCY

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事