logo

仮想化対応の統合災害対策ソリューション「Veeam Backup & Replication」Version 7をリリース

株式会社クライム(東京都中央区)は米国ソフトウェア会社Veeam Software(オハイオ州コロンバス市)が開発したVMware vSphereおよびMicrosoft Hyper-V対応の強力で使いやすい統合災害対策ソリューションである「Veeam Backup & Replication」Version 7を本日8月19日よりリリース (出荷開始) することを発表しました。

この新リリースには、2つの革新的新技術、7 つの市場をリードする機能、そして50を超える新しい機能や改善された機能が含まれます。


<<革新的新技術>>
●内蔵のWANアクセラレーション
自動化されたバックアップ コピー ジョブと内蔵のWANアクセラレーションにより、オフサイトのバックアップが50倍高速化されます。
●ストレージ スナップショットからのバックアップ
現在のSANストレージを活用してバックアップ速度を最大20倍高速化してRPO(目標復旧時点)を向上します。


<<市場をリードする機能>>
●ネイティブ テープ サポート
ストレージとリストアのオプションが拡張され、スタンドアロンのテープ、テープ ライブラリ、および仮想テープ ライブラリが含まれるようになりました。
●vCloud Director (vCD)向けに拡張されたバックアップとリカバリ
vAppメタデータと属性のバックアップ、vAppおよびVMのvCDへの直接リストア、高速プロビジョニングされたVMのリストアをサポートします。
●Veeam Explorer for Microsoft SharePoint
個々のSharePoint項目の高速リカバリに使用できる高度な検索およびブラウズ機能により、SharePointバックアップを即座に可視化できます。
●セルフサービス リカバリ
ワンクリックのリストアの拡張により、ゲスト ファイルとVMの高速リカバリが簡易化されます。また、委任オプションにより、安全なセルフサービスが可能になります。
●vSphere Web Clientプラグイン
バックアップの監視、保護されていないVMの特定の容易化、およびキャパシティ プランニングの簡易化をすべてvSphereから直接実行できます。
●Virtual LabがHyper-Vに対応
すべてのバックアップの自動検証、仮想化アプリケーションの個々のオブジェクトのエージェントレス リカバリ、テスト、トレーニング、およびトラブルシューティングのための分離された環境の簡単なセットアップを実現できます。
●レプリカ用Virtual Lab
レプリカを自動的に検証し、スタンバイDR環境を項目レベルのリカバリ、テスト、トレーニング、およびトラブルシューティングのための強力なリソースに変えます。


詳しくは:
リンク


■ 弊社ホームページ(リンク)で評価版のダウンロードサービスも開始中です。


□ お問い合わせ先:
(株)クライム
ソフトウェア事業部
TEL:03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
Email: soft@climb.co.jp
リンク

□ 株式会社クライムについて
株式会社クライムは1984年に設立され、VMware Professional Partnerとして仮想化構築サービス、関連ソフトウェア販売サポート、アプリケーション開発、アウトソーシング・サービスをユーザに提供しています。クライムは2010年から3年間連続でVeeam社より「Best Partner in Asia」を受賞しています。


□Veeam Softwareについて
2006年に設立されたVeeamはVMware社とマイクロソフト社のテクノロジー・パートナーとしてバーチャル・インフラストラクチャに対する先端のシステム管理ソフトウェアを提供し続けてきました。本社は米国オハイオ州コロンバス市に所在します。

用語解説

RPO(Recovery Point Objective)=目標復旧地点

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。