logo

2Dスプライトアニメーションデータ作成ツール『OPTPiX SpriteStudio(R)』Flashデータインポート対応のお知らせ

株式会社ウェブテクノロジ・コム 2013年08月16日 14時13分
From PR TIMES



             2Dスプライトアニメーションデータ作成ツール
        『OPTPiX SpriteStudio(R)』Flashデータインポート対応のお知らせ


2013年 8月16日
株式会社ウェブテクノロジ

株式会社ウェブテクノロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役:小高 輝真)は、ゲーム開発向け2Dスプラ
イトアニメーションデータ作成ツール『OPTPiX SpriteStudio(R)』がAdobe Flashに対応することを発表
いたします。

『OPTPiX SpriteStudio』はこれまでに、コンシューマゲーム機やスマートフォン(iOS/Android)などの
プラットフォームを想定して、各種ゲームエンジン「Unity」、「Cocos2d-x」、「Corona SDK」に対応し、
さらに新たなWeb標準「HTML5」用のデータ形式をサポートしております。

今回、Adobe Flashに対応し、OPTPiX SpriteStudioの汎用性をさらに向上させます。また、Cocos2d-x、
Corona SDK標準のスプライトシート形式出力への対応や、従来からご要望の多かった、カーブエディタの
機能強化を実現しました。

OPTPiX SpriteStudio エフェクトサンプル
リンク


なお、「CEDEC 2013」(8/21~8/23 パシフィコ横浜)でブース出展と、『ゲーム開発手法の転ばぬ先の杖
~“OPTPiX SpriteStudio”で作る、無駄にならない2D資産の作り方』(8/23(金) 13:30~14:30)と題した
セッションを行います。ブースやセッションにて、新しい機能をご覧いただけます。


------------------------------------------------------------------------
■ 『OPTPiX SpriteStudio』Ver.5.1.0で追加される主な機能
------------------------------------------------------------------------

1. Adobe Flashへの対応
  各社に存在する、既存のFlash資産をスマートフォンアプリで活用することをサポートします。
  Flashのプラグインとして提供されるFlashToSSコンバータを利用することで、.flaファイルから
  OPTPiX SpriteStudio互換のアニメーションファイルを作成することができるようになりました。

2. スプライトシートの出力機能
  Cocos2d-x、Corona SDK標準のスプライトシート形式の出力に対応することで、これまでよりも
  手軽に各SDKのAPIで再生を行うことができるようになりました。

3. カーブエディタの機能強化
  従来からご要望の多かった、カーブエディタの機能強化を実現しました。複数アトリビュートの
  カーブの同時表示に対応し、またズーム方法やキー編集のための操作性が改善され、より一般的な
  操作性を実現しました。

これらは、近日中に予定している5.1.0 への無償アップデートで対応します。


------------------------------------------------------------------------
■ 採用実績
------------------------------------------------------------------------


採用タイトル一覧
 リンク


------------------------------------------------------------------------
■『OPTPiX SpriteStudio』概要
------------------------------------------------------------------------

【製品名】
  『OPTPiX SpriteStudio(R)』(オプトピクス スプライトスタジオ)

【製品説明】
  2Dスプライトアニメーションデータ作成ツール『OPTPiX SpriteStudio』はスプライトアニメーション
  データを制作する際の煩雑な手間を削減することで、制作効率を大幅に改善します。
  『OPTPiX SpriteStudio』を使えば、スプライトアニメーションデータの制作をデザイナー単独の作業
  で完結できるようになります。また制作されるデータは、あらゆるゲームシーンで利用できる「超汎用」
  データで、使いまわしも思いのまま。従来のWindowsプラットフォームに加えMac OSにも対応し、英語
  モードも実装しました。

【動作環境】
  ・対応OS【Windows版】
   Windows 8 (64bit/32bit)/ 7 (64bit/32bit)/ Vista (32bit)
   日本語版、英語版
  ・対応機種
   上記OSが正常に動作するもの
  ・CPU
   Intel Core2 Duo 2GHz以上を推奨
  ・GPU
   OpenGL Version 2.1以上、VRAM 512MB以上を推奨
  ・メモリ
   搭載メモリ2GB以上を推奨

  ・対応OS【Mac版】
   OSX 10.7(Lion)以上
  ・対応機種
   上記OSが正常に動作するもの
  ・CPU
   Intel Core2 Duo 2GHz以上を推奨
  ・GPU
   OpenGL Version 2.1以上、VRAM 256MB以上を推奨
  ・メモリ
   搭載メモリ2GB以上を推奨

  ※インターネットを経由して「アクティベーション」(ライセンス認証)を行いますので、
   インターネットへの常時接続環境が必要です。

【販売価格】
  ・新規購入価格
   99,750円 / 1ライセンス(税込)
  ・アップグレード価格
   50,400円 / 1ライセンス(税込)
   ※SpriteStudio Ver.4からのアップグレード
  ・サブスクリプション価格
   34,650円 / 1ライセンス6ヶ月間(税込)

  ※上記価格はオンライン購入の場合です。

【製品ホームページ】
  リンク

【ゲーム開発者向け製品ラインナップ】
  「OPTPiX imesta for Mobile & Social」
  ソーシャルコンテンツ用 画像最適化ツール
  リンク

  「OPTPiX imesta シリーズ」
  各種ゲームプラットフォーム用 画像最適化ツール
  リンク


------------------------------------------------------------------------
■ お問い合わせ先
------------------------------------------------------------------------

〒171-0021 東京都豊島区西池袋5-14-8 東海池袋ビル
株式会社ウェブテクノロジ・コム
セールス・コミュニケーション部

お問い合わせはこちらのフォームよりお願いいたします。
リンク


------------------------------------------------------------------------
■ イベント出展情報
------------------------------------------------------------------------

【イベント名】
  CEDEC2013
  リンク

【会場】
  パシフィコ横浜 会議センター
  リンク

【日時】
  2013年 8月21日(水)~23日(金)

【内容】
  日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けカンファレンスです。
  弊社ではブース出展の他に、公募セッションとスポンサーシップセッションで
  参加いたします。

  ■スポンサーシップセッション(日時:8月23日(金) 13:30~14:30)
   『ゲーム開発手法の転ばぬ先の杖
    ~“OPTPiX SpriteStudio”で作る、無駄にならない2D資産の作り方』
   リンク

   ゲームエンジンのコモディティ化、ブラウザ/ハイブリッド/ネイティブ・アプリなど、
   ゲーム開発手法は年々多様化。開発者には、多くの開発手法のなかから適切な手段を
   選択するスキルが要求されるようになりました。ところが、企画当初の選択を誤った
   ために、リリーススケジュールが遅延した、などの事故が多発しているのも現実です。

   本セッションでは、「2D資産制作」という局面に焦点を当てながら、2Dスプライトアニ
   メーションデータ作成ツール「OPTPiX SpriteStudio」のユーザーが、どのようにして
   ゲーム開発手法の多様化を乗り越えてきたのかを株式会社ドリコム様をゲストにお招き
   しながら、様々な事例をご紹介します。

  ■公募セッション(日時:8月22日(木) 13:30~14:30)
   『工程の手戻りを最小限に
    圧縮テクスチャ(PVRTC・DXTC・ETC)における傾向と対策』
   リンク

   「何故この画像はこんなに汚くなっちゃったの?」と聞かれて返答に窮したことはありま
   せんか。本セッションでは、代表的なテクスチャ圧縮のアルゴリズム概説とともに、
   「実務上失敗しやすいポイントとその回避方法」「許容できないノイズが発覚したとき
   に手戻りを最小限に抑えるテクニック」をご紹介します。

------------------------------------------------------------------------
OPTPiX, SpriteStudio, imesta, Web Technologyは株式会社ウェブテクノロジの登録商標です。
その他、記載されている会社名・製品名は各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事