logo

◎Oil Insurance Limitedが1億ドルの保険料金払い戻しを発表

Oil Insurance Limited(OIL) 2013年08月13日 16時10分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎Oil Insurance Limitedが1億ドルの保険料金払い戻しを発表

AsiaNet 53931
共同JBN 0922 (2013.8.13)

【ハミルトン(バミューダ)2013年8月13日PRN=共同JBN】Oil Insurance Limited(OIL)取締役会は7月の理事会で、2012年12月31日時点で保険加入者権利を保有する現行(2013年)の加入者への1億ドルの保険料金払い戻しを承認した。この払い戻しによって、加入者が2013年に支払わなければならない保険料は全体で16%減額される。加入者には第4期の保険料請求で今回の払い戻しが反映される。

OILのロバート・D・スタウファー社長兼最高経営責任者(CEO)は「OILは過去1年半の健全な投資収益と好調な保険業務を受けて極めて良好な財務状態にある。われわれは常に当社のバリュープロポジションを評価し、当社の加入者が当社の長期投資戦略と保険料システムによって生じた良好な結果によって恩恵を受けることを保証している」と語った。

OILのジョージ・F・ハッチングス副社長兼最高執行責任者(COO)は「当社の運用目標は当社の加入者のリスクエクスポージャーを支援するための適切な資本を確保したうえで有意かつ広範な保険引受能力を提供することであり、今回の払い戻し承認が当社とその加入者にとって最善策であることは経営者および取締役には明白なことだった。われわれは厳格な資本管理戦略にのっとり当社を経営しており、今回の払い戻しは当社独自の長期バリュープロポジションを立証したことになる」と語った。

OILの資産補償範囲および関連価値に関する詳細はウェブサイトリンクを参照。

Oil Insurance Limited(OIL)は、Aクラスに格付けされる110億ドル超の資産能力を持つ50社以上の会員が保有する2兆ドル余りの世界的エネルギー資産に対して、最高3億ドルの物損補償を限度として保険を掛ける。会員は中堅から大規模の株式公開および非公開エネルギー企業であり、少なくとも10億ドルの物的資産と投資適格格付けもしくはそれ相当の格付けを持っている。同社の保険商品にはProperty(Physical Damage、物損)、Windstorm(暴風)、Non Gradual Pollution(非漸進的公害)、Control of Well(油井暴噴制御費用)、Terrorism(テロ)、Construction(建造物)、Cargo(積み荷)を対象にする保険が含まれる。OILが保護する産業セクターはオフショアおよびオンショア探査&生産、精製・マーケティング、石油化学、採掘、パイプライン、電気事業、その他関連エネルギー事業部門など。

ソース:Oil Insurance Limited(OIL)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。