logo

マニフレックス「東京マラソン2014」のオフィシャルパートナーに合意

株式会社フラグスポート 2013年08月13日 09時34分
From Digital PR Platform


 世界75カ国で多くの方にご愛用いただいている、イタリア生まれの世界的寝具ブランド「マニフレックス」(日本・アジア総代理店は株式会社フラグスポート<本社:東京都港区 代表取締役社長:山根崇裕 HP:リンク>)はこのたび、来年2月23日に開催される、「東京マラソン2014」(主催:東京マラソン財団)について、オフィシャルパートナーとなることに合意しました。寝具ブランドがオフィシャルパートナーになるのはこれが初となります。

 「東京マラソン2014」において、当社は、「東京マラソン2014」の呼称やロゴを使用し、また大会の公式ウェブサイト、公式ポスター、記者会見・インタビュー用のバックパネルなどでロゴの掲出がなされます。大会前の2月20日〜22日に開催される「東京マラソンEXPO2014」(東京ビッグサイトにて)と大会当日のフィニッシュ会場では、PRブースを出展いたします。その他、大会関連屋外広告看板へのロゴが出されます。

 当社では、これまで、野球、サッカー、ラグビー、ラクロス、フリーダイビングほか多くのスポーツで活躍するアスリートの眠りを支えてきました。8月25日に開催される北海道マラソン初協賛に加え、今回の協賛を機にランナーの皆様にも広く、マニフレックスを知っていただき、身体ひとつで勝負する、体調管理が非常に重要なスポーツにおいてもランナーの皆様を熟睡で支えたいと考えています。


<参考資料>

熟睡寝具のマニフレックス
東京マラソン2014のオフィシャルパートナーに合意
〜寝具ブランドでは初!ランナーを熟睡でサポート〜
 
マニフレックスは東京マラソンに協賛し、日本で1,000万人とも言われるランナーたちを熟睡でサポートしていきます。

【マニフレックスについて】
 1962年に創業し、現在世界75カ国に展開する、スプリングレス・マットレスの世界的トップブランド。イタリア・フィレンツェに本社を置き、独自に開発した高反発芯材(エリオセル)で「高反発」素材を敷き寝具に展開した草分け的存在。
 自転車のロードレーサーであったジュリアーノ・マニ氏が創業当初から人の眠りと健康の関わり、その眠りの質の追求や熟睡についての研究に取り組み、国立フィレンツェ大学との共同研究で、人間工学に基づいた敷き寝具として、鋼鉄のスプリングを使わない画期的な高反発素材(エリオセル)芯材を独自に開発した。
 1980年には、製品を生産直後に工場で真空パックする「真空ロールアップ製法」を開発、世界特許を取得し、輸送コストの大幅削減を実現した。排出ガスの抑制や産業廃棄物削減など地球環境保全というエコロジー製品の開発に取り組み、昨年創業50周年を迎えた。
 株式会社フラグスポートは、イタリアの熟睡寝具「マニフレックス」の日本・アジアにおける総代理店。1993年よりマニフレックス製品の販売を開始。現在では敷き寝具全般、枕や関連商品など熟睡と健康に係るアイテムをトータルにプロデュースし、今秋2013年11月1日、発売20周年を迎える。本社、東京都港区。
HP:リンク

➢ 東京マラソンEXPO2014でのマニフレックス・ブース展示
開催期間: 2014年2月20日(木)〜22日(土)
開催場所: 東京ビッグサイト
展示内容: 高反発マットレス、まくら、ケット&シーツほか寝具を
展示。実際に横たわって、触れて試していただけます。

➢ テレビ放映
日本テレビ系列全国ネット 9:00〜11:50(予定)
*第二部以降、関東ローカルで市民マラソン中継予定

【マニフレックスのアスリート・サポート】
マニフレックスはMLBの青木宣親選手、プロサッカーの香川真司選手、プロフリーダイバーの福田朋夏選手、ラクロスの山田幸代選手ほか、多数のアスリートにもご愛用いただいており、皆様を熟睡でサポートしています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事