logo

ソレラネットワークス、ビッグデータセキュリティ分析、脅威インテリジェンス、 セキュリティ可視化機能を統合し、先進脅威防御ソリューションを刷新

ブルーコーシステムズ合同会社 2013年08月12日 16時00分
From DreamNews

ビジネス・アシュアランス・テクノロジーのマーケットリーダーであるブルーコートシステムズ合同会社(本社:東京都港区、プレジデント&マネージングディレクター:川口亨、以下ブルーコート)の子会社であり、先進的な脅威防御を推進するビッグデータセキュリティ分析における業界トップのプロバイダのソレラネットワークスは、本日、 Blue Coat ThreatBLADESTMを発表しました。ThreatBLADESは、企業が高度な標的型攻撃を防御し、迅速に解決することができるよう支援します。

ThreatBLADESを導入する前、CISOは先進的な脅威防御を行うために、独立したアドホック検出ソリューションに依存せざるを得ませんでした。このアプローチでは、企業が迅速かつ繰り返し利用可能な方法で、脅威を識別し、優先順位を決めて解決することが難しくなります。Ponemon Institute社による3,500人以上のITおよびITセキュリティ専門家を対象とした調査によると、悪意のある進入工作の発見は、平均80日、解決するためにさらに123日を要します。

Blue Coat ThreatBLADESは、ゼロデイ攻撃、APT攻撃、Webや電子メールの脅威、スピアーフィッシング攻撃、悪意のあるファイルやボットネットから防御するための脅威インテリジェンス、ビッグデータセキュリティ分析、セキュリティ可視化機能を統合することで、この問題を解決します。CISOは、これらの統合された機能を活用することで、解決までの平均時間を短縮しながら、セキュリティ脅威を迅速に理解し、優先順位を決めて、脅威に対応することが可能になります。

最新のBlue Coat ThreatBLADESは、ソレラセキュリティ分析プラットフォーム(正式名称Solera DeepSee)に統合されます。Blue Coat ThreatBLADESには、Webベースのマルウェアと他の悪意のあるWebコンテンツに関する最新のインテリジェンスを提供する業界トップのリアルタイムランキングサービス、Blue Coat WebPulseコラボレーティブディフェンスが搭載されます。WebPulseは、毎日世界中の7,500万人以上から10億以上のURLリクエストを受け取り、この強力なネットワークを効果的に活用することで、Webコンテンツの包括的な可視化が可能になります。Blue Coat ThreatBLADES は、ソレラセキュリティ分析プラットフォームの一部として、1枚ガラスのようなユーザインターフェイスを通して、一元中央管理されます。

Blue Coat ThreatBLADES は、セキュリティ侵害の手がかりや方法、現在高度な標的型攻撃で使用されている技術、手順を検出するために必要なリアルタイムセキュリティインテリジェンスと、脅威の自動発見能力を提供することで、ソレラセキュリティ分析プラットフォームに先進的な脅威防御を付加します。ソフトウェアベースのため拡張可能なThreatBLADESは、積極的な脅威検出のためのダイナミックアーキテクチャ、レスポンスタイムの短縮、セキュリティ防御の継続、さらにセキュリティ事象・侵害の影響を最小限に抑えるための卓越した機能を提供します。

ThreatBLADESは主に以下のようなメリットを提供します。
MalwareAnalysis BLADE-統合されたマルウェアデトネーションサンドボックス技術を使用して、マルウェアに感染したことが疑われるファイルを検出・識別し、安全に分析します。これにより、企業はゼロデイ攻撃、APT攻撃、そして多数のファイルタイプに埋め込まれた他の悪意あるコードを迅速かつ正確に識別することができます。MalwareAnalysis BLADEは、オンプレミスまたはスケーラブルなクラウドベースのソリューションでご利用いただけます。また、ソレラのフレキシブルファイルブローカーアーキテクチャを介して、他の解析プラットフォームへの統合も可能です。 WebThreat BLADE-Web 2.0の脅威、APT攻撃のコマンドアンドコントロール型コールバック、スピアーフィッシング攻撃、ボットネットを検出し、これらの脅威から防御するためにIPとURLレピュテーションインテリジェンスを提供します。WebThreat BLADEには、継続的に更新されたWebベースの脅威に関する集約されたインテリジェンスを提供するブルーコートWebPulseコラボレーティブディフェンスが搭載されています。 FileThreat BLADE-Microsoft Officeドキュメント、Adobe PDF、Java、Flash、EXEファイル、電子メール添付ファイル、Android APKファイル、Webオブジェクトなどを含むさまざまなファイルタイプに埋め込まれた既知のウィルスとマルウェアから防御するために、WebPulseから業界トップレベルのファイルおよびソフトウェアレピュテーションインテリジェンスを活用します。
ネットワーク上でセキュリティカメラのような役割を担うソレラのセキュリティ分析技術は、根本的原因を確定、その影響を確認し、セキュリティ違反とセキュリティ攻撃を軽減するため、脅威インテリジェンス、ビッグデータ分析、20/20の可視性を実現する、進入工作後の重要なセキュリティを提供します。

ブルーコートの先進脅威防御グループ上級副社長兼ジェネラルマネージャ、スティーブ・シリングフォード(Steve Shillingford)は次のように述べています。
「サイバー攻撃の数が増え続け、その重大性が増す中、企業は非常に大きなプレッシャーに晒されています。しかしながら、従来のセキュリティ対策と目新しいポイントソリューションは、もはや十分ではありません。今日、包括的かつビッグデータ対応であることは、セキュリティプラットフォームにおいて重要な要件です。ソレラプラットフォームとBlue Coat ThreatBLADESが結合された革新的なソリューションは、企業がネットワークに対する360度の可視性を得ながら、新たな脅威を検出・分析できるよう支援する、強力で拡張可能なプラットフォームを提供します」

Blue Coat ThreatBLADESに関する詳細は以下のサイト(英語)をご覧ください:
www.soleranetworks.com/threatblades
出荷開始時期
ブルーコートThreatBLADESは、ソレラセキュリティ分析プラットフォームへのソフトウェアアップデートによって出荷を開始する予定です。ThreatBLADESは個別に購入することもできますし、3つのThreatBLADES全てが含まれている 先進脅威防御 (ATP) スイートとして購入することもできます。ThreatBLADESは、9月ごろ出荷開始の予定です。


本件に関する報道関係者問い合わせ先

ブルーコートシステムズ 広報代理
(株)ジェイスピン
Tel: 03-5269-1038
Fax: 03-5269-1039
Eメール:bluecoat@jspin.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。