logo

医療版手書き入力システム「Medical 7notes Pad+WC」を販売開始

株式会社MetaMoJiは、iPadで動作する医療用語辞書を登載した手書き認識入力システム「Medical 7notes Pad+WC」を、2013年8月9日より販売開始いたします。

2013年8月9日
株式会社MetaMoJi

MetaMoJiが、医療版手書き入力システム「Medical 7notes Pad+WC」を販売開始

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川和宣、以下:MetaMoJi)は、iPadで動作する医療用語辞書を登載した手書き認識入力システム「Medical 7notes Pad+WC」を、2013年8月9日より販売開始いたします。

「Medical 7notes Pad+WC」は、医療現場でのiPadによる手書き入力のご要望に応え、標準病名、医薬品名、検査・医歯薬用語、看護・介護などの医療用語に対応した医療用語辞書を登載することにより、難しい医療用語も簡単に手書き入力することができるようになりました。医療辞書は、医療システムへの多くの導入実績の持つキヤノンエスキースシステム株式会社が販売する「医用辞書」を使用しています。

「Medical 7notes Pad+WC」の提供により、電子カルテなどの医療システムや院内業務システムから、訪問看護や訪問調剤などの在宅医療まで、あらゆる医療現場における医療用語の手書き入力が効率的に行えます。法人向けWindows版mazec製品「mazec-T for Windows」およびAndroid版mazec製品「mazec-T for Android Tablet」も順次医療版を発売していく予定です。

MetaMoJiでは、今後、医療現場でのタブレット導入におけるIT化の支援を、パートナー企業のソリューション・サービスとの連携を通して行ってまいります。

「Medical 7notes Pad+WC」の販売開始について、ソフトバンクテレコム株式会社ヘルスケアプロジェクト推進室より以下のような賛同支援コメントをいただいています。

「医療現場へiPadを導入するにあたり、ソフトウェアキーボードでの入力はいつも課題となってきます。手書き入力と推測変換機能付医療辞書を持つMedical 7notes Pad+WCは、入力問題を解決する強力なツールであると確信しております。また、ソフトバンクテレコムでは、医療・介護関係者向けSNS『メディカルケアステーション*』の普及を図っており、MetaMoJi社の協力のもと、手書きによるメッセージ入力環境を用意して、IT機器に不慣れな利用者でも、サービスに参加できるように利便性を高めていきたいと考えています。」

*メディカルケアステーションについて
「メディカルケアステーション」は、eヘルスコネクトコンソーシアムがソリューション認定し、ソフトバンクテレコム株式会社、株式会社日本エンブレース、JRCエンジニアリング株式会社の3社が共同で提供する医療・介護関係者向けの完全非公開型ソーシャルネットワークサービスです。

【「Medical 7notes Pad+WC」概要】

<主な特徴>
 ・手書き入力ブラウザーにより、お客様のWebアプリケーションを変更することなく、手書き入力ができます。
 ・難しい医療用語が書けなくても交ぜ書き変換で漢字入力ができます。
 ・長い医療用語も推測変換で簡単に入力ができます。
 ・20万語以上登載し、各医療分野を網羅しています。

<価格>
iPad 1台あたり年額 6,500円


■7notes Pad+WCについて
MetaMoJiが開発したタブレット向け文字入力エンジンにより、iPad上で手書き入力を求めるユーザーや、キーボードに不慣れなお客様のニーズに合わせて、ストレスの少ない手書き入力を実現するアプリケーションです。これまで、キーボードの操作がボトルネックとなりシステム化が困難だった業務システムを簡単に実現します。 リンク

※MetaMoJiの法人向け製品サイトはこちらをご覧ください。
リンク


■株式会社MetaMoJiについて
株式会社MetaMoJiは、研究開発(R&D)機能を有するビジネスインキュベーターです。先進的なIT技術をベースとし個人や組織の活動から製品やサービスまで多様な情報の革新的な知識外化(みえる化)システムの研究開発、さらにそれらを基盤とした多方面にわたる知的コミュニケーション・システムを研究開発し、その成果を事業化することを目指します。リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。