logo

◎シドニーでバズ・ラーマンの『ダンシング・ヒーロー・ザ・ミュージカル』のワールド・プレミア

デスティネーション・ニューサウスウェールズ 2013年08月08日 18時30分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎シドニーでバズ・ラーマンの『ダンシング・ヒーロー・ザ・ミュージカル』のワールド・プレミア

AsiaNet 53891
【編註】クライアントからの要請により、提供された原稿をそのまま配信します。
    共同通信JBNでは一切編集を行っておりません。

シドニーでバズ・ラーマンの『ダンシング・ヒーロー・ザ・ミュージカル』のワールド・プレミア

チケット発売:8月12日(月)午前9時(シドニー時間)

シドニー 2013年8月8日 /PRNewswire/ -- 全世界にダンスの熱気を吹き込み、大人気を博したオーストラリア映画『ダンシング・ヒーロー』がまったく新しいミュージカルとしてよみがえります。2014年3月25日にオーストラリアのシドニーでワールド・プレミアが行われます。

(写真: リンク )

『ダンシング・ヒーロー・ザ・ミュージカル』は、ニューサウスウェールズ州のバリー・オファレル首相がシドニーに誘致し、同州政府の観光・イベントを担当するエージェントであるデスティネーション・ニューサウスウェールズが出資します。『ダンシング・ヒーロー』は、主人公があらゆる従来のルールを拒否して、自分の心に従ったダンスで競技ダンスの大会で優勝するという感動的なストーリーです。『ダンシング・ヒーロー』は受賞に輝く映画脚本家で著名プロデューサーのバズ・ラーマンが共同脚本を担当し、1984年に舞台演劇として上演された後、映画化され、歴史上で最も成功したオーストラリア映画のひとつとなりました。

1992年の映画制作スタッフが『ダンシング・ヒーロー・ザ・ミュージカル』のために再結集し、監督兼共同脚本家としてバズ・ラーマン、セットと衣装を担当する美術監督のキャサリン・マーティン、振付師のジョン・オコンネルに加え、共同脚本家のクレイグ・ピアースが参加しています。

『ダンシング・ヒーロー・ザ・ミュージカル』では、ラブ・イズ・イン・ジ・エアー、キサス・キサス・キサス、タイム・アフター・タイムといった映画の名曲のほか、オリジナルの新曲が使われます。

バズ・ラーマンは今週、シドニーでの記者会見で、『ダンシング・ヒーロー』が小規模な学生劇から彼の最初の映画作品となり、今回は本格的なミュージカルとして上演されるという30年近くの旅を経てきたことを振り返りました。

ラーマンは「ずっと以前に生まれたこのストーリーがこれほど長い年数にわたって私の人生に関わってきて、多様なバックグラウンドを持つ多様な人々を感動させ、楽しませ、気分を高揚させてきたことについて、驚くことがよくあります」と回想しました。

また、「単純な真実とは、スパンコールや奇抜な髪型、古典的なハリウッド・ミュージカルの展開を超えて、チャチャチャを踊る方法はひとつではなく、私たち全員のなかに自分のステップを踊る真の潜在能力が秘められているというシンプルなメッセージが私たち全員に訴えかけるのだと思っています」と語りました。

『ダンシング・ヒーロー・ザ・ミュージカル』は、グローバル・クリーチャーズとバズマークによってオーストラリアで共同制作され、デスティネーション・ニューサウスウェールズが後援します。

詳細については、www.strictlyballroomthemusical.comをご参照ください。チケットはwww.ticketmaster.com.auまたはshowbiz.com.au/strictlyballroomから予約できます。

出所:デスティネーション・ニューサウスウェールズ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事