logo

◎ルピン社がAliniaの独占米国販売権を獲得

ルピン社(Lupin Limited) 2013年08月08日 14時25分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎ルピン社がAliniaの独占米国販売権を獲得

AsiaNet 53896
共同JBN 0912 (2013.8.8)

【ムンバイ(インド)、ボルティモア(米メリーランド州)2013年8月8日】医薬品大手のルピン社(Lupin Ltd)と米国子会社のルピン・ファーマシューティカルズ (Lupin Pharmaceuticals Inc)(総称ルピン)は8日、米国の医薬品会社Romark Laboratories,L.C.との間でRomarkが経口懸濁液用Alinia(登録商標)(一般名ニタゾキサニド、nitazoxanide)を米国で販売促進、供給、販売する独占的な権利をルピンに与える戦略的ライセンス契約に署名したと発表した。

Alinia(ニタゾキサニド)はクリプトスポリジウムとジアルジアが起こす下痢の治療薬として米食品医薬品局(FDA)が承認した初のチアゾリド化合物で、クリプトスポリジウム治療薬としてFDAから唯一承認されている。経口懸濁液用のAliniaはジアルジア・ランブリア(ランブル鞭毛虫)、クリプトスポリジウム・パルバムが起こす下痢の治療用に1歳以上の患者向けに処方されている。これらは先進国、発展途上国で下痢の原因となる最も一般的な2種の原虫である。

小児でのAlinia懸濁液の使用は比較的簡単な投与、投薬法-イチゴ風味の懸濁液を1日に2回、3日間与える(1-3歳は100mgBID、4-11歳は200mgBID)-のため容易である。

疾病管理予防センター(CDC)によると、多くの場合は診断されずに終わってしまうが米国では年間にジアルジア症が120万人、クリプトスポリジウム症が75万人と推定されている。クリプトスポリジウムは米国人の間で最も多い水の媒介で伝染する病気の原因の1つである。小児の下痢は3歳未満の子供の通院の10%以上で主要な症状であると、米国小児科学会(AAP)は述べている。年間で約30万人の5歳以下の子供が胃腸炎で入院している。小児下痢は治療選択肢が限られているために(3歳以下の子供向けに処方されているほかの製品はない)治療を受けないままになることが多い。年上の子供たちは時にはフルオロキノロン(CIPOなど)、セファロスポリン(SUPRAX)、メトロニダゾルによる治療を受ける。AAPによると、下痢関連の病気の医療コストは毎年20億ドルを超える。

経口懸濁液用のAliniaによってルピンは既存のブランド・ポートフォリオを強化できるだけでなく、米国の小児科分野に限らず特殊医薬品の提供も拡大できる。Aliniaの重要な処方者にはルピンの戦略的顧客グループである小児科医、小児胃腸科医、プライマリーケア医が含まれており、そのためこの機会を利用して利益を得られる立場にある。ルピンの現在の160人以上の強力なブランド販売員は米国市場で経口懸濁液用のAliniaの販売を促進する。この製品はルピンのSuprax(登録商標)、Antara(登録商標)とともに販売される。

ルピン・ファーマシューティカルズCEOでルピン社グループ社長であるビニタ・グプタ氏は「経口懸濁液用Aliniaがわが社のブランド・ポートフォリオに加わったことに大変興奮している。この合意は米国でのブランド・フランチャイズを成長させ、有意義な製品を小児科共同体にもたらすというルピンの方針を示している。わが社の販売、マーケティング努力は直ちに開始され、Aliniaが今後の四半期、年間の成長、収益性に寄与すると楽観している」と語っている。

▽ルピン社(Lupin Ltd)について
ムンバイに本社を置くルピンは革新指向の多国籍医薬品会社で、広い範囲のブランド、ジェネリック組成薬、API(医薬品有効成分)を世界的に製造、開発している。同社は心臓病、糖尿病、ぜん息、小児疾患、CNS(中枢神経系疾患)、GI療法、感染防止薬、NSAID(非ステロイド系抗炎症薬)の分野で重要なプレーヤーであり、抗結核薬とセファロスポリンの分野で世界的な主導的地位を維持している

ルピンは米国でトップ5のジェネリック医薬品会社のなかで規模が一番大きく、最速の成長を達成している(処方せんの市場シェアは5.3%。IMSヘルス)。インドでは売上高3位の医薬品会社である。また日本と南アフリカで最も急成長しているトップ10のジェネリック医薬品プレーヤーである(IMS)。

2013年3月に終わった会計年度のルピンの連結売上高は946億1600万ルピー(17億4000万ドル)、税引き後利益は131億4200万ルピー(2億4200万ドル)だった。詳しい情報はリンクへ。

ルピン・ファーマシューティカルズ(Lupin Pharmaceuticals, Inc)はルピン社の100%所有米国子会社。米メリーランド州ボルティモアに本社を置くルピン・ファーマシューティカルズは高品質で手ごろな価格のジェネリック医薬品と各地の健康管理専門家と患者に信頼されているブランド組成薬を提供することに専念している。詳しい情報はリンクへ。

さらに詳しい情報、問い合わせは以下へ。
    Shamsher Gorawara
    Head - Corporate Communications
    Lupin Limited
    Ph: +91-98-20-338-555
    Email: shamshergorawara@lupinpharma.com

セーフハーバー・ステートメント リンク harbor

ソース:Lupin Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事