logo

グローバル半導体企業のZMDIが、「今月のエネルギー効率課題」と「Tech NewZ & ViewZ」ブログを発表

Zentrum Mikroelektronik Dresden AG (ZMDI) 2013年08月08日 12時10分
From JCN Newswire

Dresden, Germany, Aug 8, 2013 - ( JCN Newswire ) - エネルギー効率の良いソリューションの実現を専門としているドレスデンの半導体企業、ZMD AG (ZMDI)は、「今月のエネルギー効率課題」と「Tech NewZ & ViewZ」ブログを本日発表しました。自動車、産業用機器、医療、情報技術、家電など向けのアナログおよび混合信号ソリューションのグローバルサプライヤのZMDIは、お客様がエネルギー需要を緩和する製品を作成できるようにする集積回路を提供しています。

世界に対する責任と個人の参加という精神の下に、ZMDIは2013年8月1日に「今月のエネルギー効率課題」プロジェクトを設立しました。プロジェクトでは、エネルギー消費節減のための個人の努力の広報と発表を行います。同社のウェブサイト( リンク )してください。課題はすべての人にオープンにされていますので、参加者の皆様はZMDIのFacebookページ( www.facebook.com/ZMDINT リンク )に、自分はどんなことをしているかを書き込みしてください。

8月にはZMDIコーポレートマーケティング&広報のグローバル部長のDaniel Aitkenが、プロジェクトの一環で、課題のスポークスマンとして動画に出演し、個人的なエネルギー節約の取り組みについて語ります。このCO2排出量の課題には、さらにグリーンな環境を作り出す肯定的で定量的な効果があります。

ZMDIはまたウェブサイト上で、半導体関連の現在と未来の技術についての議論を促進するように作られた「Tech NewZ & ViewZ」というブログを開始しました。このブログは、技術と業界に関するニュースや専門家の意見を共有するフォーラムとして役立ちます。ブログは一般読者に向けて開かれ、ZMDIの従業員とパートナーが技術上の会話に参加する予定です。最初の記事の投稿者はZMDIモバイルセンサ製品事業開発責任者のDavid Simpsonで、ここをクリック( リンク )してご覧になれます。

「ZMDIは『NewZ & ViewZ』ブログと『今月のエネルギー効率課題』プログラムがどちらも、ZMDI従業員と半導体業界関係者が幅広い読者と業界関連の関心事項や事例を共有し、これらの技術が個人レベルで新たな方法やコラボレーションによってどのようにエネルギー効率を促進できるかを話し合う素晴らしい手段であると考えています。」と、グローバルマーケティングコミュニケーション責任者のPiaras McCorryは述べました。「ZMDIは常に、その技術を通じてエネルギー効率へのコミットメントを示しています。今回のプログラムは我々すべてに、よりグリーンな未来を作る新しい方法を見つけるために協力する機会をくれるでしょう。」

ZMDIについて

Zentrum Mikroelektronik Dresden AG (ZMDI)は、自動車、産業用機器、医療、モバイル、センサ、情報技術、家電向けのアナログおよび混合信号半導体ソリューションのグローバルサプライヤです。これらのソリューションにより、お客様は、センサ、電源管理、照明などの分野でもっともエネルギー効率の高い製品を作り出すことができます。

50年以上にわたってZMDIは、ドイツのドレスデンにあるグローバル本社を中心に活動を行ってきました。ZMDIの全世界の従業員数は320人以上で、ドイツ、イタリア、ブルガリア、フランス、英国、アイルランド、日本、韓国、台湾、米国に営業所と設計センターがあります。

詳しくは www.zmdi.com リンク をご覧ください。

このニュースリリースのURLは リンク です。
Facebook ( www.facebook.com/ZMDINT リンク )でいいね!を押す。
Twitter ( www.twitter.com/ZMDINT リンク )でZMDIをフォローする。
Linkedin ( リンク )でZMDIに参加。

お問合せ情報
Daniel Aitken
ZMDIコーポレートマーケティングおよび広報
グローバル部長
+001-438-288-3668
daniel.aitken@zmdi.com

概要:Zentrum Mikroelektronik Dresden AG (ZMDI)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。