logo

ペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT」、タブレットPCに完全対応 - ペンと指で、紙のように描く -

株式会社セルシス(本社:東京都新宿区、代表取締役:野崎 愼也、以下:セルシス)のペイントソフト「CLIP STUDIO PAINT」が、タブレットPCに完全対応いたしました。Windows 8のタッチ操作に最適化するために、ほぼ全ての操作画面を刷新。筆圧ペンを利き手に持ち、もう片方の手でキャンバスやパレットを自在に操りながら、紙さながらに液晶画面にイメージを描きこんでゆくことができます。



タブレットPCによる指とペンが合理的に調和した制作スタイル (動画) リンク


 世界でのタブレットデバイスの出荷台数は、2015年にはPCを逆転する(※1)、とも言われる流れと同期して、Windows8とタッチに対応したタブレットPCは、2012年末にリリースされました。その後、より直感的で繊細な入力方法を求めるニーズを受け、筆圧ペンが付属する端末も2013年に続々とリリースされています。従来のタブレット端末は、主にコンテンツを消費するデバイスでしたが、筆圧ペンが付属することで、タブレットPCでコンテンツを作り出すという用途が大幅に増えることが期待されます。タブレットPCであればパソコンレベルの処理能力と作業空間が確保され、フルカラーイラストを制作するなどコンテンツを生み出すデバイスとして十分に実用的です。さらに、タブレットPCと「CLIP STUDIO PAINT」の組合せで得られる今までにない自然な操作感により、今後はどなたでもデジタルでイラスト等の制作を楽しむことができるようになります。

 「CLIP STUDIO PAINT」は、筆圧感知機能を備えたタブレットPCに対応した数少ないペイントツールの1つでありこれまでもタブレットPCと「CLIP STUDIO PAINT」の組み合わせは、グラフィック系コンテンツの制作を行うクリエイターの皆さまにご好評をいただいておりました。タブレットPCの特長である持ち運びのしやすさと、今回「CLIP STUDIO PAINT」がタブレットPCに完全対応したことにより、今後は外出先など様々な場所、シチュエーションにおいて、より手軽にラフなスケッチから本格的なアートワークの制作まで行えるようになります。

 「CLIP STUDIO PAINT」は、マンガ・イラスト制作ソフトのスタンダードです。自然な描き味と、64bitOS、マルチコア CPU 対応によりパワフルな処理能力をそなえ、高解像度・多重レイヤーの作品も軽快に扱えます。この度、タブレットPCに対応した最新バージョンの体験版を、以下よりダウンロードしてお試しいただけます。体験版は無償で30日間すべての機能をお試しいただけます。


■CLIP STUDIO PAINTの無料体験版はこちらから。
リンク

■リファレンスマニュアルもあわせてご利用ください。
リンク

「CLIP STUDIO PAINT」のユーザーさまは、創作活動応援サイト「CLIP」 ( リンク ) よりアップデータをダウンロードし、無償で最新バージョンをご利用いただけます。

 

 また、セルシスでは8月10日(土)から開催されるコミックマーケット84のセルシスブースにおきまして、タブレットPC体験コーナーを設置いたします。各メーカーの最新タブレットPC上で実際に「CLIP STUDIO PAINT」の操作をお試しいただけます。セルシスブースについて詳しくは下記の特設サイトをご覧ください。

■コミックマーケット84 特設サイト
リンク

※1 米調査会社IDC調べ
リンク


【タブレットPCに対応した機能・インターフェイス】


■タブレットPCの筆圧感知に対応

タブレットPCに付属の筆圧ペンを使って、筆圧を活かした描画を行えます。
紙にペンで描くような自然でリアルなタッチを再現し、ラフなスケッチからブラシの質感を生かした本格的なアートワークの制作まで行えます。


■指とペンが合理的に調和した制作スタイル

利き手でペンを走らせながら、もう片方の手でキャンバスのスクロールや拡大・縮小・回転、メニューやコマンドの選択を行えます。画面の上で指とペンを使いながら、紙に描く感覚そのままに描きすすめられます。
タッチ操作は[虫めがね]や[色混ぜ]などのツールに割り当ててカスタマイズすることも可能です。


■指でのタッチ描画も可能

ペンで描画するか、指で描画するかを変更できます。
ペンが手元にない場合は、指の操作を描画かキャンバス操作に切り替えながら制作を進められます。
ペンとタッチ描画の切り替えはコマンドバーのアイコンにより、描画の途中でもワンタッチで切り替え可能です。


■タッチ操作のために刷新された操作画面

Windows8のタッチ操作に最適な操作画面へ切り替えられます。
各パレットの配置、アイコンなどデザイン要素のサイズや指では操作がむずかしい箇所の調整を行い、タッチ操作用に一新された操作画面を搭載しています。ストレスフリーで本格的な制作環境をタブレットPCと一緒に外へ持ち出せます。


■ボタンサイズを画面サイズにあわせて変更可能

タブレットPCの画面サイズ、解像度にあわせて、アプリケーションの操作画面全体を小・標準・大の3段階から選択できます。


■画面サイズを最大限に活用

横向きに使うことの多いタブレットPCで画面の縦の長さを最大限に活かせるよう、タイトルバー、メニューバー、キャンバスタブを非表示にできます。
表示/非表示は描画の途中でも、コマンドバーのアイコンからワンタッチで切り替えが可能です。


■タッチ用のメニュー画面を新たに搭載

メニューバーを非表示にしたままでも作業が続けられるようコマンドバーからメニュー画面が開けるようになりました。
メニュー画面は大きめにデザインされており、タッチ操作で快適にお使いいただけます。


■数値入力をサポートする数値入力ポップアップ

数値入力ポップアップが追加されました。
ブラシやキャンバスのサイズ変更時に、テキストエリアをタップするとポップアップウィンドウが表示され、数値を入力できます。ポップアップには矢印、スライダー、テンキーの入力方法があり、細かい値の調整やなど、その時々にあった方法で値を変更できます。


【CLIP STUDIO PAINTについて】

CLIP STUDIO PAINTにはイラスト制作向けの「CLIP STUDIO PAINT PRO」と複数ページのマンガ制作に対応した上位グレードの「CLIP STUDIO PAINT EX」があります。「CLIP STUDIO PAINT PRO」は、自然でリアルなタッチのペンツール、多彩なペイント表現が可能な筆ツール、効率的に美しく着色するための使いやすい着色ツールなど、イラスト制作に必要な機能がすべて搭載されています。「CLIP STUDIO PAINT EX」はPROの全機能に加え、マンガ制作の全工程をカバーし、複数ページの作品の管理機能や作業効率と作品のクオリティを高める各種機能を搭載しています。両製品とも64bitOS、マルチコア CPU 対応によりパワフルな処理能力をそなえ、高解像度・多重レイヤーの作品も軽快に扱えます。
 詳細な機能等につきましては「CLIP STUDIO.NET」 (リンク) をご覧ください。


【株式会社セルシスについて】

株式会社セルシスは、1991 年5 月に設立。「CLIP STUDIO シリーズ」「ComicStudio」「RETAS STUDIO」等の、イラスト・マンガ・アニメなどのグラフィック系コンテンツの制作ツールの提供や、グラフィッククリエイターの創作活動を支援するwebサイト「CLIP」を運営し、クリエイターの創作活動をトータルにサポートするサービスを提供する「クリエイターサポート事業」、PC・タブレットデバイス・スマートフォンを始めとする各種プラットフォームへの電子書籍配信ソリューション「BS Reader」「BS BookStudio」等の様々なデバイス・プラットホームに対応したグラフィック系コンテンツの制作・流通・再生にまつわる各種ソリューションを提供する「コンテンツソリューション事業」を営んでおります。
当社は、マンガ/アニメを始めとするグラフィック系コンテンツの制作/閲覧環境から、流通支援、コンテンツを通じたコミュニケーション等を、IT技術で支援するトータルソリューションプロバイダを目指しております。
セルシスホームページ リンク
(C) CELSYS, Inc. All Rights Reserved.


CELSYS、CLIP、CLIP STUDIO、IllustStudio、ComicStudioおよびRETAS STUDIOは、株式会社セルシスの商標または登録商標です。その他の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

(注) ニュースリリースに記載されている内容は報道発表時の情報です。ご覧になった時点で内容等が変更になっている場合がございますのであらかじめご了承ください。


【報道関係者様からのお問い合わせ先】

株式会社セルシス 広報担当 増川 聖子
〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド 2F
TEL:03-3373-9919 / e-mail:press@artspark.co.jp


【その他のご連絡先】

株式会社セルシス 営業部
e-mail:info@celsys.co.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。