logo

【Press Release】ソーシャルゲーム『進撃の巨人 -反撃の翼-』ゲームシステム大規模アップデートの実施と、 新たな戦い「区画防衛戦」実装のお知らせ!

株式会社ストラテジーアンドパートナーズ 2013年08月07日 10時50分
From PR TIMES



株式会社ストラテジーアンドパートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:岩田崇)は、別冊少年マガジン(株式会社講談社発刊)にて連載中のコミック累計販売部数2,200万部を超えた大人気漫画「進撃の巨人」のソーシャルゲーム『進撃の巨人 -反撃の翼-』におきまして、2013年8月6日(火)より、ゲームシステム大規模アップデートの実施と、新たな戦い「区画防衛戦」を実装したことを発表いたしました。


『進撃の巨人 -反撃の翼-』は2013年8月6日(火)のメンテナンスにて、下記の大幅なアップデートを行いました!

■キャラクターのアップデート

【その1】全キャラクターが、最初からメイン武器1本、サブ武器4本装備が可能に!
・武器にコストが設定され、コスト内で武器を装備することができるようになりました。
・武器を入手後、すぐに装備可能となります。
・プレーヤがレベルアップすると装備できる武器コストの上限がアップします。

【その2】討伐コンプにて、キャラクターが仲間に!
危険種を完全討伐することで、下記のキャラクターが順番に仲間に加わるようになりました。
※すでにキャラクターを手に入れている方は、そのままキャラクターをご使用になれます。


■クラフトシステムのアップデート
クラフトシステムに、武器解体が追加!
武器の強化や限界突破が簡単にできるようになりました!!
武器の改造を廃止し、武器解体の機能を追加しました。
武器を解体すると、解体武器は消失しますが「強化pt」や「超硬質スチール」を入手することができます。
集めた「強化pt」や「超硬質スチール」を使うことで、もっと簡単に強化と限界突破ができるようになりました!


■わかりやすくなった強化と限界突破
【強化】
「強化pt」を使って武器を強化!
「武器素材」を排除し、「強化pt」制を新たに導入しました。
武器解体で得られる「強化pt」を武器に合成するだけで、簡単に武器を強化することができます!
※現在の武器レベルは引き継ぎとなります。
※現在お持ちの「武器素材」は「強化pt」に変換し、補填します。

武器スキルも上げやすく!
同レアリティ、同属性武器を強化に使用すると、武器スキルレベルが上昇するようになりました。
※武器によってはスキルの効果が、アップデート後に変化するものがあります。

【限界突破】
「超硬質スチール」を使えば、どんな武器でも限界突破が可能に!
「技術書」を廃止し、「超硬質スチール」という新しいアイテムを導入しました。
武器解体で得られる「超硬質スチール」を規定数使用すれば、全ての武器が
限界突破できるようになりました!
※現在お持ちの「技術書」は「超硬質スチール」に変換し、補填します。

武器の限界突破回数が増えて、レベル上限がアップ!
見た目も変化し、より強力な武器へと成長します!
・N~Rは1段階増えて計5回になります。
・RR~SRは2段階増えて、計6回になります。
・SSRは4段階増えて、計8回になります。
※現在の限界突破の状況は、そのまま保持されます。


■『進撃の巨人 -反撃の翼-』は、2013年8月16日より「区画防衛戦」の開始を予定しております!

「区画防衛戦」では、お客様が4つの地区に分かれて、地区対抗戦を行います。
カラネス区、ストヘス区、ヤルケル区、トロスト区の地区のいずれかに所属して巨人と戦闘し、どちらの区の兵団が防衛に貢献できるかを競います。
・毎週「金」「土」「日」の3日間のみの開催となります。
・勝利すれば、豪華な報酬が獲得できます!
※開始予定日は、開発状況により前後する場合がございます。


『進撃の巨人 -反撃の翼-』は、タイトル公式サイトと、公式ブログ『調査文書「巨人の寝床」』をオープンし、情報を更新しております。
なお、『進撃の巨人 -反撃の翼-』公式サイトでは、キャラクター紹介や巨人との戦い、武器強化のページが掲載され、『進撃の巨人 -反撃の翼-』公式サイトでしか見ることができない描き下ろしのイラストや、タイトル内容やキャンペーン情報等も公開しておりますので、是非ご覧ください!
駐屯兵団一年生「アイラ」(広報担当)の活躍にご期待ください!!!

『進撃の巨人 -反撃の翼-』公式サイトURL
リンク

『進撃の巨人 -反撃の翼-』公式ブログ『調査文書「巨人の寝床」』URL
リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事