logo

蓄積データの効率的な分析業務を支援する新アプリケーション「SkyDesk Reports」提供開始

富士ゼロックス株式会社 2013年08月07日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013年8月7日

富士ゼロックス株式会社

蓄積データの効率的な分析業務を支援する新アプリケーション「SkyDesk Reports」提供開始

 富士フイルムグループの富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区、社長:山本忠人)は、クラウドを活用したビジネスコミュニケーション支援サービス「SkyDeskサービス*1」で、さまざまなデータ分析業務を支援するアプリケーション「SkyDesk Reports(スカイデスク レポート作成)」を8月7日から提供いたします。

  「SkyDesk Reports」は、CRM(顧客管理)や営業活動などで蓄積したデータを、欲しい情報に合わせてグラフやピボットテーブル、ダッシュボードなどの形でわかりやすく可視化することで効率的なデータ分析を支援するサービスです。

 より大規模な組織としての効果的な利用に向けては、有料プラン「SkyDesk Reportsスタンダード」が選択できるとともに、基本機能の利用が可能な無料プランも提供します。

◆SkyDesk Reportsの機能概要
・グラフ・ダッシュボード作成
分析に必要な情報に合わせて、簡単にお客様独自の集計ルールや表示形式を柔軟に設定が可能で、蓄積したデータをグラフやピボットテーブル、またそれらを組み合わせたダッシュボードなどで視覚的にわかりやすく表示できます。

・学習不要のインターフェースで簡単操作
プログラミング知識不要のドラッグアンドドロップで簡単に操作ができます。また、データの中から欲しい情報を細かい条件で抽出するなど、より高度な活用が求められる場合には、お客様独自でプログラムを設定することも可能です。

◆SkyDesk Reportsスタンダードの特徴
 組織としてより効果的にご利用いただくための高い機能を提供します。
・「SkyDesk CRM(顧客管理)」*2との連携
「SkyDesk CRM」で蓄積しているデータと連携し、更新タイミングなどをスケジューリング(要設定)することで、データ二重管理の手間を軽減し、常に最新情報の反映が簡単にできます。

・組織でデータ分析を有効活用するための設定・管理
メールでのレポート配信、作成したレポート・ダッシュボードを公開するためのアクセスURLの生成、レポートデータのバックアップ取得など、組織全体でデータ分析を有効活用するための管理や設定機能が提供されます。

*1「SkyDeskサービス」は、SMB(Small and Medium Business)市場における多様なビジネスコミュニケーションに求められる各種アプリケーションを、パブリッククラウドを活用して提供しているサービスです。
*2「SkyDeskCRM(顧客管理)」はマーケティング活動から商談獲得、お客様サポートに至るまで、一連の営業活動を営業 支援、マーケティング支援、カストマーサポートの各ステージに分けて管理が行えるサービスです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事