logo

IT協会主催 東南アジア オフショア開発研究調査団

IT協会 2013年08月06日 10時18分
From PR TIMES

グローバル競争時代のIT開発戦略をASEANに探る

企業情報化協会(IT協会)は、海外オフショア先として注目を集めている東南アジアのIT産業の実情と最新状況を把握するため、海外調査団を実施いたします。
日 時:2013年9月22日(日)~28日(土)
訪問都市:マニラ、セブ(ITパーク)、ハノイ
訪問予定企業:
アドバンスド・ワールド・システムズ, J-SYSフィリピン, NECテレコムソフトウェア, パシフィック・グローバル・アウトソース・ソリューションズ, ライフタイム・テクノロジー, ハノイ工科大学 等




 厳しい競争社会にあって、システム開発のスピード化、高品質化、低価格化を達成するために、海外にリソースを求める傾向が強くなっています。特に中国、インドでのオフショア利用は一巡し、今注目を集めるのが東南アジアです。今回は、フィリピン、ベトナムへの訪問を通じて、目覚ましい成長を続けるIT産業の実情を把握するとともに、最大限のパフォーマンスを発揮するオフショアソフトウェア開発戦略の可能性について最新状況を研究調査いたします。

-研究調査ポイント-

■ 東南アジアにおけるIT技術水準
■ オフショア開発とコストメリット
■ 東南アジアIT人材育成状況
■ オフショア開発現場・オフィス環境
■ ビジネスアライアンス実現と法的課題
■ 技術目標の共有とブリッジSEの役割

-訪問先(予定)-

■ マニラ(フィリピン)
【アドバンスド・ワールド・システムズ(Advanced World Systems) 】
国内最大級のSI企業、日本向けオフショア開発の豊富な経験とスキルを保持
【J-SYSフィリピン】
日揮情報システムによるフィリピンオフショア企業
■ セブ島(ITパーク)
【NECテレコムソフトウェア】
NEC系の現地法人でセブ最大規模の通信系ソフト開発施設
【パシフィック・グローバル・アウトソース・ソリューションズ】
BPOを中心としたアウトソーシングサービス企業
■ ハノイ(ベトナム)
【ライフタイム・テクノロジー】
日本のSI企業(ヘッドウォータース)が設立した合弁企業
【ハノイ工科大学( Hanoi University of Science and Technology)】
ITSSをベースとした高度IT技術者育成機関
 ※上記企業・機関は訪問候補先です。

-調査団基本日程-


詳細はIT協会ホームページ(URL リンク )参照

(本件のお問合せ先)
公益社団法人企業情報化協会 経営戦略本部 ITソリューション推進部 事務局
TEL 03-3434-6677 FAX 03-3459-1704 e-mail : info@jiit.or.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。