logo

Kingston HyperX、Intel Extreme Masters Season 8の グローバルスポンサーに就任

メモリ製品で世界をリードする独立系メモリメーカーのKingston Technologyは新たにゲームプロによるゲームの世界ツアー大会「Intel® Extreme Masters (IEM) Season 8」のグローバルスポンサーに就任し、IEMを運営しているe-Sports Super League(ESL)への支援を一段と拡大していくことを8月2日に発表しました。

Kingstonは今後、ニューヨーク、シンガポール、サンパウロを経てポーランドで開催されるWorld FinalまでのIEMのツアーにも参加します。ツアー期間中、HyperXのメモリモジュールは全世界で120を超えるトッププロ向けのシステムで使用され、世界の一流ゲーマーに最先端のパフォーマンスを提供いたします。

Kingstonは、7月に中国・上海で開催された「ChinaJoy World Mobile Game Conference」にてスポンサーを務め、今後は各国を巡るツアーを通して、IEMの最新情報をオンラインやソーシャルメディア上で発信し続けていく予定です。今年で発売10周年を迎えるHyperXは、Kingstonの高パフォーマンス製品として幅広いラインナップを揃えています。

ESLでプロゲーミング担当ディレクターを務めるミハエル・ブリッチャーズ(Michał Blicharz)氏は「e-Sportsと密接な関わりを持つメモリメーカーを大会パートナーに迎え、新たな関係を構築できることを非常に嬉しく思っています。HyperXはゲーマーにとってなくてはならない製品であり、Kingstonの協力を得たことによって今シーズンの大会が素晴らしいものになることを大いに楽しみにしています」と語っています。

また、当社でアジア太平洋地域(APAC)担当マーケティングディレクターを務めるシンシア・イエ(Cynthia Yeh)は「世界最高峰のe-Sportsトーナメントに協力し、Kingston HyperXと最高の性能を持つハードウェアとの組み合わせによって世界中のゲーマーのために最も質の高い競技会を実現できることを非常に嬉しく思っています。今年で発売10周年を迎えるKingston HyperXは当社の誇る主力製品であり、今年の大会がこれまで以上に素晴らしい大会になるものと期待しています」と述べています。

Kingstonは、e-Sportsの拡大を目指してゲーム業界の発展に貢献するとともに、高品質の製品をゲーマー達に提供してより優れたゲーム体験を実現させています。世界のプロゲーム競技界をサポートするために、Evil Geniuses、SK-Gaming、Team SoloMid、World Elite、Taipei Assassins、Taipei Snipersの他、Orange Esports(マレーシア)、Incredible Miracle(韓国)などの多数のプロゲームチームをスポンサーとして支援し、DreamHack シリーズやIGN プロリーグなどのe-Sportsの主要大会をはじめ、世界各国で多数のLANイベントのスポンサーも務めております。Kingston HyperX製品関連の詳細につきましてはKingston HyperX のホームページをご覧ください。

HyperXメモリは2002年11月に初の製品であるHyperX高パフォーマンスメモリモジュールを発表し、今年、発売10周年を迎えています。

Intel Extreme Mastersについて
Intel® Extreme Mastersはe-Sports Super League(ESL)が2006年から開催しているゲームプロのトップチームによる世界ツアー大会で、過去7シーズンを通じての賞金総額は350万ドルを越えています。この大会は世界最大規模のテクノロジー展示会の中で開催され、欧州、アジア、アメリカの各地域から集まったトップゲームプロが賞金獲得を目指しStarCraft IIとLeague of Legendsの2つのゲームタイトルで競技を行います。ESLのオンラインTVサービスであるESL TVによってベストゲームのライブ中継が行われるほか、オフラインイベントの 模様も現地からTwitch TVを通じてレポートされ、シーズンを通してのユニーク視聴者数は毎シーズン2,000万人を超えています。Intel Extreme MastersはメインスポンサーのIntelの他、RaidCall社などがスポンサーを務めています。詳細についてはwww.intelextrememasters.comをご覧ください。

Kingstonの最新情報につきましては下記WEBサイトをご覧ください。
Facebook: リンク    
Youtube: リンク

このプレスリリースの付帯情報

HyperX logo

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事