logo

Sugipoohこと杉田正氏によるコラム「ハイブリッドクラウドを使いこなすのあれこれ」が掲載されました。

データセンター設計の第一人者である杉田正氏による「sugipooh のデータセンター・クラウドインフラ」

鈴与シンワート株式会社(代表取締役社長 成岡謹之輔、本社所在地:東京都港区、以下「鈴与シンワート」という)はデータセンター設計の第一人者である杉田正氏による「sugipooh のデータセンター・クラウドインフラ」の「ハイブリッドクラウドを使いこなすのあれこれ」を公開しました。

+++
ハイブリッドクラウド”はクラウド上のサーバー(以後クラウドサーバー)と社内で使うサーバー(以後社内サーバー)の”良い技術を合わせてエコ”にITを使う言葉です。  ハイブリッド自動車は燃費が良く、”ハイブリッド”は、”良い技術を合わせてエコ”として使われています。
ITにおいて”クラウド”は、雲の向こうの仕組みは専門家(プロ)に任せて賢くインターネットを使うこととして広く使われています。

 クラウドサービスは”サービス約款”により、サービス内容を決め、サービス価格が設定されています。
代表的なデータセンターでのサービスとしてコロケーションサービスがあります。データセンターへ所有するサーバーを持ち込みサーバーを運用するサービスです。様々なデータセンターが持つ設備を低コストで利用出来ます。クラウドサーバーに求められる性能は回線スピードにも影響されますのでデータセンターに設置するほうが有利なのです。
社内サーバーとクラウドサーバーとはローカルネットワークにて接続されていませんので、当然ですが社内サーバーへの外部からのセキュリティ強度は高い状態で運用出来ます。
(この続きは以下をご覧ください)
リンク


杉田正 氏
大容量ストレージ機器企画から販売、サーバー設計、レンタルサーバー向けデータセンター設計構築、運用業務構築、サーバー引越企画立案からセキュリティ対策まで広い範囲でデータセンターに関係する業務を経験。現在は独立行政法人産業技術総合研究所にて省電力データセンター研究を行っている。「データセンターはサーバーを置く場所でありサーバー進化に合わせてデータセンターも進化するべき」
Twitter アカウントは@sugipooh

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事