logo

三和コムテック 「マルウェア119番サービス」を8月1日より開始

未知のマルウェア検知とその感染経路調査サービス

三和コムテック(社長:柿澤晋一郎)は、米国ソースファイア社が開発した先進のマルウェア検知ツール「FireAMP(ファイアアンプ)」の日本総代理店であるセキュアブレイン(社長:成田明彦)と、その販売会社である株式会社i-NOS(アイノス(社長:市川英志)と共同で、「マルウェア119番サービス」を8月1日より開始します。
これは多数のクライアントPCを所有しマルウェア感染リスクの高い企業に対して、「FireAMP」を使用した感染端末・感染経路の特定・感染拡大の防止を行う特別短期調査サービスです。

従来のマルウェア対策、標的型攻撃対策では、未知・既知マルウェアの侵入経路の特定や最初の感染原因の特定が困難で、またマルウェアの感染被害範囲の把握も難しかったのが現状でした。
「FireAMP」は、こうした今までのマルウェア対策ツールでは対応しきれなかった種々の問題、すなわち「侵入経路の特定」、「最初の感染原因の特定」、「感染被害範囲の把握」、「組織管轄下の全PCからのマルウェア一掃」、「再発、実害等の封じ込め」などを解決する画期的なクラウドサービスです。

通常の「FireAMP」は、年間のライセンス提供ですが、「マルウェア119番サービス」では、セキュアブレイン・i-NOS2社の企画協力により、特別ライセンスを最長2か月間限定で提供し、その間に三和コムテックが各クライアントへの導入から調査・報告までをサービス提供するものです。これにより、自社にマルウェア感染の不安をお持ちのお客様は、短期間に実態を把握し、必要な対応を取ることができます。

費用は、10,000クライアントPCで、1か月間50万円から。(「FireAMP」の導入及び調査・報告費用は別途)

■株式会社セキュアブレイン
 2004年設立。「より快適で安心できるネットワーク社会を実現するために、一歩進んだ技術で貢献する」というビジョンのもと、信頼性の高いセキュリティ情報と高品質なセキュリティ製品・サービスを提供する日本発のセキュリティの専門企業。
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-6-7 麹町RKビル4F
リンク
■株式会社i-NOS(アイノス)
1983年イヌイ・スタッフサービス株式会社として創業。2011年 日本オフィス・システム株式会社が全株式を取得し、2011年12月親会社との連携強のため新社名「株式会社i-NOS」に変更。最先端のインフラに適応した技術を提供。
  本社:〒135-0052東京都江東区潮見2-10-24 NOS潮見ビル3階
 リンク

■三和コムテック株式会社
1991年設立。グローバルな視点をもち、ユーザーのニーズにあった先端IT技術とソリューションを提供。Webサイトの安全性に積極的に取り組み、セキュリティ対策を核とした最新のWEB関連ソリューションを展開。
〒106-0032 東京都港区六本木三丁目4番3号
リンク

関連情報
http://www.sct.co.jp
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事