logo

セミオーダーメイドキーボード販売サイト「FILCO キーボード工房」1周年記念!新作フレーム3機種登場

ダイヤテック株式会社 2013年07月30日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

2013/7/30

ダイヤテック株式会社

セミオーダーメイドキーボード販売サイト
「FILCO キーボード工房」1周年記念!新作フレーム3機種登場
世界初の芝生風キーボード「MIDORI」登場。

ダイヤテック株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鍋田 邦汎)は、2013年7月30日より、セミオーダーメイドキーボード販売サイト「FILCO キーボード工房」
リンク)が一周年を迎えたことを記念して「MIDORI」「クラッシックウッド」「カーボンホワイト」の新柄新色キーボードを販売開始致します。

FILCOキーボード工房は、専用に用意したオリジナルアッパーフレーム×キー配列(英語/日本語/側面印字など計10パターン)×打鍵感の異なる4種のキースイッチ(Cherry茶軸/黒軸/青軸/赤軸)をお客様が自由に組み合わせて、お気に入りのキーボードを作ることができる販売サイトです。注文が入ってから商品を組み立て、在庫切れの場合を除き、1週間以内を目処にお客様のお手元に届けるメーカー直販ならではのサービスです。

◆新柄新色アッパーフレームのご紹介◆

■静電植毛技術でフサフサ!世界初の芝生風キーボード「MIDORI」

静電植毛技術を採用。パイルを立たせた状態でキーボードの上ケース全体に植毛し、見た目、質感を芝生そっくりに仕上げました。刈りたての芝生をイメージし、長さ2mmのパイルを使用しました。キーキャップとパイルとの干渉がほとんどないので打鍵感を損なうこともありません。パイルの抜けを最小限に抑える為にトップコートを施し、耐久性の向上も実現しています。見た目のインパクトは絶大で、リラックス効果も期待できます。

※トップコートを施し抜けづらくはしておりますが、パイルが抜けてしまうことがあります。輸送時の衝撃により製品到着時は多少の抜けが予想されます。予めご了承ください。
※「MIDORI」はフルサイズのみの扱いで、テンキーレスモデルはありません。

■水圧転写の新色2種 「クラッシックウッド」と「カーボンホワイト」

【クラッシックウッド】
落ち着きと高級感溢れるウッド柄を採用したモデルです。ブラウンの下地に綺麗な木の斑紋が浮かび上がり、机上を華やかに演出します。

【カーボンホワイト】
人気のカーボン柄を採用したモデルです。幾重にも編み込まれたカーボン模様は“気品”と“強靭さ”の象徴です。ホワイトを基調としたシンプル且つ精細な幾何学模様は飽きがこず、末永くご使用頂けます。

※フレームの加工はすべて経験豊富な日本国内の工場にて行い、組み立ても日本の工房スタッフが行っています。

「FILCO キーボード工房」
リンク

--------------------------------------------------------------------------

新商品の発売に合わせて、FILCOキーボード工房「祝1周年 記念キャンペーン」を実施致します。キーボード工房の対象製品ご購入者にCyber Snipa Padlockや Cyber Snipaのマウスパッドをプレゼントするキャンペーンです。この機会に是非ご利用ください。

※プレゼントが無くなり次第終了となります。
詳しくはキャンペーン告知ページをご覧ください。
リンク


[この件に関するお問い合わせ先]

ダイヤテック株式会社 CPS事業部 TEL:03-5688-3421 FAX:03-5688-3456
担当:佐久間 メールアドレス:sakuma@diatec.co.jp



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事