logo

静かさの限界に挑戦したオーケストラが43dB(デシベル)以下で「カルメン」の演奏に成功!

エレクトロラックス・ジャパン株式会社 2013年07月29日 16時33分
From PR TIMES

身動き一つ許されない!静かさの限界に挑戦したオーケストラ!!
「ergothree music project 第2弾: 43dB Symphony」
公開のお知らせ




リンク 

北欧スウェーデン発、世界最大級の家電メーカー エレクトロラックス・ジャパン株式会社(所在地:東京都港区芝公園2丁目、代表:浅井伸宏)は、掃除機販売100年の歴史の中で初めて日本市場に特化して開発されたクリーナー「エルゴスリー」の性能「いちばん静かな吸引力(※1)」を表現する企画として、スペシャルムービー「43dB Symphony(43デシベル シンフォニー)」を7月29日(月)から公開いたします。

 本ムービーは、「いちばん静かな吸引力(※1)」を訴求しているエルゴスリーの動作音43dB(デシベル)が、一体どれほどの静かさなのかを検証するもので、早稲田大学交響楽団のご協力の下、フルオーケストラ構成で、世界的に有名なオペラ「カルメン」の組曲を43dB(デシベル)以下で演奏することに挑戦いたしました。
 通常であれば90dB(デシベル)近い迫力の演奏を、43dB(デシベル)以下にコントロールする挑戦は困難を極め、演奏中は咳払いや衣擦れの音すら許されない緊迫した状況となりましたが、楽団の卓抜した演奏技術と、身動き一つせず静寂を保つ聴衆の努力によって、43dB(デシベル)以下の演奏会は成功を収めることができました。

 本ムービーは、エルゴスリーのスペシャルサイト「ergothree music project」にて、プロジェクトの第2弾ムービーとして公開されます。なお第1弾ムービー「Play! いちばん静かな吸引力」は、ごみを吸うことで音楽を奏でる特別な掃除機「エルゴスリー play! model(※2)」を使って製作されたミュージックビデオで、6月13日(木)の公開以来、国内外の多数のメディアで紹介されるなどご好評をいただいております。

※1 いちばん静かな吸引力:広告表現上のコピーです。同社の「サイレント・エア・テクノロジー」という特許技術により43dBの静音性を実現します。
※2  play! model(プレイ モデル):「エルゴスリー」のいちばん静かな吸引力だから実現できた、ゴミを吸う度に音楽を奏でることのできる、スペシャルムービー用に開発された特別モデルです。

【概要】
■公開日  : 7月29日(月) 12:00-
■タイトル :「ergothree music project vol.2- 43dB Symphony(43デシベル シンフォニー)」
■URL    : リンク

【エレクトロラックスについて】
エレクトロラックスは世界最大級の家電メーカーであり、世界150ヵ国以上の国々で毎年4,000万台以上の製品を販売しています。
豊富な経験に基づく確かな技術力と革新、細部にまで配慮された消費者のニーズにあった製品を提供することに注力し、スウェーデン発のシンプルなデザイン性、高い製品性能と環境性能が特徴であり、1912年に世界に先駆けて家庭用真空式電気掃除機を発売して以来、家庭用食洗機(1950)、世界初の電子レンジ(1960年代)、世界初の自動で掃除するロボット掃除機トリロバイト(2001)など、常に時代をリードする革新的な製品を提供してまいりました。

エレクトロラックスの「ものづくり」の根底に流れているもの、それは“Thinking of you”という思い。 使う人への細やかな思いやりにみちたデザインや機能は、北欧はもちろん世界中の多くの国の人々に愛されています。 2004年には、スティック&ハンディで場所を選ばず自由自在に掃除ができるコードレススティッククリーナーergorapido(R)(エルゴラピード)シリーズの発売を開始。現在では日本のスティッククリーナー市場においてNo.1のシェア(2013年6月時点、台数ベース)を獲得し、スティッククリーナーのマーケットリーダーとして、日本の皆さまにご愛用いただいています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。