logo

◎肝炎の死者はエイズ並みと緊急行動呼びかけ

World Hepatitis Alliance 2013年07月29日 11時00分
From 共同通信PRワイヤー

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

◎肝炎の死者はエイズ並みと緊急行動呼びかけ

AsiaNet 53807
共同JBN0877 (2013.7.29)

【ロンドン2013年7月28日】世界肝炎デーにあたりWorld Hepatitis Alliance(世界肝炎同盟)は、ウイルス性肝炎による死者はHIV/エイズと同程度なのに大多数の国はこれに取り組むための計画を持っていないことを示す最近の数字に緊急に注目するよう呼びかけた。

    (Logo: リンク

    (Logo: リンク

    (Photo: リンク

    (Photo: リンク

昨年ランセット誌で発表された「病気の世界的な負担」研究は、ウイルス性肝炎が2010年にHIV/エイズと同数で結核やマラリアより大幅に多い145万人死亡の原因になっていることを示している。この膨大な年間死者数にもかかわらず世界保健のリーダーたちは一貫してこの点を問題として取り上げていない。

世界肝炎同盟のチャールズ・ゴア会長は「ウイルス性肝炎は世界で8番目に多い死因であり、毎年HIV/エイズと同数の死者を出している。世界で5億人が慢性的に感染している。これほどの数字に直面しながらウイルス性肝炎が世界でなぜこれほどわずかな優先度しか受けられないのか」と語っている。

現在、それぞれの病気はその世界の優先度に応じて注目や資金を受けている。しかし、世界の優先度リストは必ずしも病気の現実の負担を反映していない。これが病気の影響に釣り合わない反応を招き、一部の病気は悲劇的なほどリソースが不足している。ウイルス性肝炎は明白な1例である。負担が大きいにもかかわらずこれに対応する世界的な圧力はわずかしかない。その結果、大多数の政府は、罹患率が最大20%に上る国でさえ、ウイルス性肝炎にリソースを振り向けようとしない。

世界保健機関(WHO)が先週発表した「世界リポート」はウイルス性肝炎が軽視されている程度を示している。ウイルス性肝炎に対する国家戦略ないし計画を持っている国は37%にすぎず、ウイルス性肝炎関連の活動だけに責任を持つ部局があると報告した国は30%以下だった。世界第8位の死因に対する反応の欠如はまさに不可解である。この沈黙の流行の成長を許すことによって数百万の命が危険にさらされるだけでなく、慢性的に感染している5億の人々を支持、認識することなしに全面的に放置することにもなる。

2010年にWHOは世界肝炎デーをWHOと全加盟国が公式に認めたわずか7つの世界保健デーの1つとすることによって、ウイルス性肝炎が大きな懸念の原因であることを公然と認めた。しかし、世界保健の状況には大きな変化はまだ見られない。したがって世界肝炎同盟はもっと多くのことを知り、この病気をめぐる沈黙と対決するようひとびとを励ますため、今回の世界肝炎デーに「これが肝炎だ。それを知ろう。それと対決しよう」をテーマにした民衆理解キャンペーンを開始した。

また同盟は、世界がウイルス性肝炎を無視してきたように、「三猿」がまわりの世界を無視するのになぞらえて選ばれた「見ざる。聞かざる。言わざる」という動作を人びとが同時に行う世界ギネス記録への挑戦もコーディネートする。世界25カ国から58チームが参加するので、これはかなり難しいことだが、メッセージははっきりしている-ウイルス性肝炎は沈黙のはやり病である。それを知ろう。それと対決しよう。

(編集者注意)
▽World Hepatitis Alliance(世界肝炎同盟)
世界肝炎同盟は非政府組織で、傘下に66カ国、165の加盟患者グループがある。ウイルス性肝炎にかかっている世界の5億人を代表する同盟は患者の声のサポートと促進、ウイルス性肝炎の実態の説明、すべての国での包括的な肝炎戦略の確立のために努力している。世界肝炎同盟は肝炎に関するWHO決議の呼びかけで患者共同体の先頭に立っていることを含め、さまざまな成功を達成している中心的な声である。理解の向上、予防、治療看護、サポート、治療へのアクセスを通じて、究極の目標は政府と協力してこれらの病気をなくすことである。

詳しい情報はリンクへ。

▽世界肝炎デー
2013年7月28日、世界肝炎同盟はWHOが認め、加盟194カ国が支持している4件だけの特定の病気の認識を向上させる日の1つである第6回世界保健デーを迎える。2013年の目的は世界で慢性B型、C型肝炎の理解を高め、患者の健康結果改善のために政策変更を推進することである。

▽B型、C型肝炎
5億人が慢性のウイルス性肝炎にかかっており、B型、C型肝炎は症状の自覚がないので、「沈黙」のウイルスである。治療、管理をせずに放置するとB型、C型肝炎は進行肝硬変、肝臓がん、肝不全になる。

▽問い合わせ先
詳しい情報、報道官の発言追加、写真の要望の問い合わせ先は、
Hilary Campbell:
Hilary.campbell@worldhepatitisalliance.org,
+44(0)20-7378-0159

ソース: World Hepatitis Alliance

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。